2020年01月21日

2020年01月20日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問60

問60

アクセス制御を監査するシステム監査人の行為のうち、適切なものはどれか。

ア ソフトウェアに関するアクセス制御の管理台帳を作成し、保管した。

イ データに関するアクセス制御の管理規程を閲覧した。

ウ ネットワークに関するアクセス制御の管理方針を制定した。

エ ハードウェアに関するアクセス制御の運用手続を実施した。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:02| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月19日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問59

問59

情報システム部が開発して経理部が運用している会計システムの運用状況を、経営者からの指示で監査することになった。この場合におけるシステム監査人についての記述のうち、最も適切なものはどれか。

ア 会計システムは企業会計に関する各種基準に準拠すべきなので、システム監査人を公認会計士とする。

イ 会計システムは機密性の高い情報を扱うので、システム監査人は経理部長直属とする。

ウ システム監査を効率的に行うために、システム監査人は情報システム部長直属とする。

エ 独立性を担保するために、システム監査人は情報システム部にも経理部にも所属しない者とする。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:23| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月18日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問58

問58

システムテストの監査におけるチェックポイントのうち、最も適切なものはどれか。

ア テストケースが網羅的に想定されていること

イ テスト計画は利用者側の責任者だけで承認されていること

ウ テストは実際に業務が行われている環境で実施されていること

エ テストは利用者側の担当者だけで行われていること




答えはこちら
タグ:監査
posted by ファーストマクロ at 08:56| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月17日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問57

問57

事業継続計画で用いられる用語であり、インシデントの発生後、次のいずれかの事項までに要する時間を表すものはどれか。

 (1)製品又はサービスが再開される。
 (2)事業活動が再開される。
 (3)資源が復旧される。

ア MTBF

イ MTTR

ウ RPO

エ RTO




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:52| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月16日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問56

問56

システムの移行計画に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 移行計画書には、移行作業で失敗した場合に旧システムに戻す際の判断基準が必要である。

イ 移行するデータ量が多いほど、切替え直前に一括してデータの移行作業を実施すべきである。

ウ 新旧両システムで環境の一部を共有することによって、移行の確認が容易になる。

エ 新旧両システムを並行運用することによって、移行に必要な費用が低減できる。




答えはこちら
タグ:システム
posted by ファーストマクロ at 20:43| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月15日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問55

問55

サービスマネジメントシステムにPDCA方法論を適用するとき、Actに該当するものはどれか。

ア サービスの設計、移行、提供及び改善のためにサービスマネジメントシステムを導入し、運用する。

イ サービスマネジメントシステム及びサービスのパフォーマンスを継続的に改善するための処置を実施する。

ウ サービスマネジメントシステムを確立し、文書化し、合意する。

エ 方針、目的、計画及びサービスの要求事項について、サービスマネジメントシステム及びサービスを監視、測定及びレビューし、それらの結果を報告する。




答えはこちら
タグ:SMS
posted by ファーストマクロ at 20:27| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月14日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問54

問54

10人のメンバで構成されているプロジェクトチームにメンバ2人を増員する。次の条件でメンバ同士が打合せを行う場合、打合せの回数は何回増えるか。

〔条件〕
 ・打合せは1対1で行う。
 ・各メンバが、他の全てのメンバと1回ずつ打合せを行う。

ア 12  イ 21  ウ 22  エ 42




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 18:51| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月13日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問53

問53

ソフトウェア開発の見積方法の一つであるファンクションポイント法の説明として、適切なものはどれか。

ア 開発規模が分かっていることを前提として、工数と工期を見積もる方法である。ビジネス分野に限らず、全分野に適用可能である。

イ 過去に経験した類似のソフトウェアについてのデータを基にして、ソフトウェアの相違点を調べ、同じ部分については過去のデータを使い、異なった部分は経験に基づいて、規模と工数を見積もる方法である。

ウ ソフトウェアの機能を入出力データ数やファイル数などによって定量的に計測し、複雑さによる調整を行って、ソフトウェア規模を見積もる方法である。

エ 単位作業項目に適用する作業量の基準値を決めておき、作業項目を単位作業項目まで分解し、基準値を適用して算出した作業量の積算で全体の作業量を見積もる方法である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 06:48| Comment(0) | R01秋基本情報技術者

2020年01月12日

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問52

問52

あるプロジェクトの日程計画をアローダイアグラムで示す。クリティカルパスはどれか。

令和元年度秋期 基本情報技術者試験問題 問52

ア A、C、E、F

イ A、D、G

ウ B、E、F

エ B、E、G




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:19| Comment(0) | R01秋基本情報技術者