2020年07月11日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問1

問1

集合A、B、Cを使った等式のうち、集合A、B、C の内容によらず常に成立する等式はどれか。ここで、∪は和集合、∩は積集合を示す。

ア (A∪B) ∩ (A∩C) = B ∩ (A∪C)

イ (A∪B) ∩ C = (A∪C) ∩ (B∪C)

ウ (A∩B) ∪ (B∩A) = (A∩B) ∪ (B∩C)

エ (A∩C) ∪ (B∩C) = (A∪B) ∩ C




答えはこちら
タグ:集合
posted by ファーストマクロ at 08:26| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年07月10日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問80

問80

訪問販売、通信販売、電話勧誘販売などを対象に、消費者を守るためのクーリングオフなどのルールを定めている法律はどれか。

ア 商法

イ 電子消費者契約法

ウ 特定商取引法

エ 不正競争防止法




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:43| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月09日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問79

問79

図は、企業と労働者の関係を表している。企業Bと労働者Cの関係を表す記述として正しいものはどれか。

 平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問79

ア “契約”が請負契約で、企業Aが受託者、企業Bが委託者であるとき、企業Bと労働者Cとの間には、指揮命令関係が生じる。

イ “契約”が出向にかかわる契約で、企業Aが企業Bに労働者Cを出向させたとき、企業Bと労働者Cとの間には指揮命令関係が生じる。

ウ “契約”が労働者派遣契約で、企業Aが派遣元、企業Bが派遣先であるとき、企業Bと労働者Cの間にも、雇用関係が生じる。

エ “契約”が労働者派遣契約で、企業Aが派遣元、企業Bが派遣先であるとき、企業Bに労働者Cが出向しているといえる。




答えはこちら
タグ:契約
posted by ファーストマクロ at 20:43| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月08日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問78

問78

表から、期末在庫品を先入先出法で評価した場合の期末の在庫評価額は何千円か。

 ┌────┬──────┬──────┐
 │ 摘要 │ 数量(個) │単価(千円)│
 ┝━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━┥
 │期首在庫│  10  │  10  │
 ├─┬──┼──────┼──────┤
 │ │4月│   1  │  11  │
 │ ├──┼──────┼──────┤
 │仕│6月│   2  │  12  │
 │ ├──┼──────┼──────┤
 │入│7月│   3  │  13  │
 │ ├──┼──────┼──────┤
 │ │9月│   4  │  14  │
 ├─┴──┼──────┼──────┤
 │期末在庫│  12  │  10  │
 └────┴──────┴──────┘

ア 132  イ 138  ウ 150  エ 168




答えはこちら
タグ:先入先出法
posted by ファーストマクロ at 19:32| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月07日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問77

問77

財務諸表のうち、一定時点における企業の資産、負債及び純資産を表示し、企業の財政状態を明らかにするものはどれか。

ア 株主資本等変動計算書

イ キャッシュフロー計算書

ウ 損益計算書

エ 貸借対照表




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:32| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月06日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問76

問76

OJTの特徴はどれか。

ア 一般化された知識や技術に重点を置いた教育が受けられる。

イ 上司や先輩が実務に密着して実践的に知識や技術を教育するので、必要な能力が習得できる。

ウ 上司や先輩の資質によらず、一定水準の業務知識が身に付けられる。

エ 職場から離れた教育に専念できる。




答えはこちら
タグ:OJT
posted by ファーストマクロ at 20:11| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月05日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問75

問75

CIOが果たすべき主要な役割はどれか。

ア 情報化戦略を立案するに当たって、経営戦略を支援するために、企業全体の情報資源への投資効果を最適化するプランを策定する。

イ 情報システム開発・運用に関する状況を把握して、全社情報システムが最適に機能するように具体的に改善点を指示する。

ウ 情報システムが企業活動に対して健全に機能しているかどうかを監査することによって、情報システム部門にアドバイスを与える。

エ 全社情報システムの最適な運営が行えるように、情報システムに関する問合せやトラブルに関する報告を受け、担当部門に具体的指示を与える。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:25| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月04日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問74

問74

車載機器の性能の向上にかかわる記述のうち、ディープラーニングを用いているものはどれか。

ア 車の壁への衝突を加速度センサが検知し、エアバッグを膨らませて搭乗者をけがから守った。

イ システムが大量の画像を取得し処理することによって、歩行者と車をより確実に見分けることができるようになった。

ウ 自動でアイドリングストップする装置を搭載することによって、運転経験が豊富な運転者が運転する場合よりも燃費を向上させた。

エ ナビゲーションシステムが、携帯電話回線を通してソフトウェアのアップデートを行い、地図を更新した。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:15| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月03日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問73

問73

HEMSの説明として、適切なものはどれか。

ア 太陽光発電システム及び家庭用燃料電池が発電した電気を、家庭などで利用できるように変換するシステム

イ 廃棄物の減量及び資源の有効利用推進のために、一般家庭及び事務所から排出された家電製品の有用な部分をリサイクルするシステム

ウ ヒートポンプを利用して、より少ないエネルギーで大きな熱量を発生させる電気給湯システム

エ 複数の家電製品をネットワークでつなぎ、電力の可視化及び電力消費の最適制御を行うシステム




答えはこちら
タグ:HEMS
posted by ファーストマクロ at 21:00| Comment(0) | H29秋基本情報技術者

2020年07月02日

平成29年度秋期 基本情報技術者試験問題 問72

問72

MPRの特徴はどれか。

ア 顧客の注文を受けてから製品の生産を行う。

イ 作業指示票を利用して作業指示、運搬指示をする。

ウ 製品の開発、設計、生産準備を同時並行で行う。

エ 製品の基準生産計画を基に、部品の手配数量を算出する。




答えはこちら
タグ:MPR
posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | H29秋基本情報技術者