2017年10月17日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問47

問47
汎化の適切な例はどれか。

  ア ┌─────┐      イ    ┌─────┐     
    │ 哺乳類 │           │ 自動車 │     
    └─────┘           └─────┘     
       △                 △        
       │                 │        
  ┌────┼────┐     ┌──────┼──────┐  
┌─┴─┐┌─┴─┐┌─┴─┐┌──┴──┐┌──┴──┐┌──┴──┐
│ 人 ││ 犬 ││ 猫 ││ アクセル ││ ブレーキ ││ ハンドル │
└───┘└───┘└───┘└─────┘└─────┘└─────┘

  ウ ┌─────┐      エ    ┌─────┐     
    │  商品  │           │ 取引先 │     
    └─────┘           └─────┘     
       △                 △       
       │                 │       
  ┌────┼────┐     ┌──────┼──────┐  
┌─┴─┐┌─┴─┐┌─┴─┐┌──┴──┐┌──┴──┐┌──┴──┐
│ 受注 ││ 在庫 ││ 出荷 ││ 会社名 ││  住所  ││ 電話番号 │
└───┘└───┘└───┘└─────┘└─────┘└─────┘




続きを読む
タグ:汎化
posted by ファーストマクロ at 21:15| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年10月16日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問46

問46
組込み機器のソフトウェア開発にプラットフォーム開発を適用する
利点として、適切なものはどれか。

 ア 機器ごとにソフトウェアを新規に設計するので、最小の
   コードサイズで最大の性能を実現できる。 
 イ 機器ごとのハードウェアとソフトウェアの結合テストを不要にできる。
 ウ ソフトウェアを複数の異なる機器に共通して利用することが
   可能になるので、ソフトウェア開発効率を向上できる。
 エ 複数の機器に共通のバグが発生したとき、ソフトウェアの
   プラットフォーム部分をバグの原因から除外できる。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:43| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年10月15日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問45

問45
VPNで使用されるセキュアなプロトコルであるIPsec、L2TP、TLSの、
OSI基本参照モデルにおける相対的な位置関係はどれか。

 OSI基本参照モデル
上位層(アプリケーション層) A    B    C    D
      ↑     ┌───┐┌───┐┌───┐┌───┐
      │     │IPsec ││IPsec ││TLS││TLS│
      │     ├───┤├───┤├───┤├───┤
      │     │ L2TP ││TLS││IPsec ││ L2TP │
      │     ├───┤├───┤├───┤├───┤
      │     │TLS││ L2TP ││ L2TP ││IPsec │
      ↓     └───┘└───┘└───┘└───┘
   下位層(物理層) 

 ア A  イ B  ウ C  エ D



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 19:42| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年10月14日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問44

問44
攻撃にHTTP over TLS (HTTPS) が使われた場合に起こり得ることは
どれか。

 ア HTTPSを使ったSQLインジェクション攻撃を受けると、Web
   アプリケーションでデータベースへの不正な入力をチェック
   できないので、悪意のあるSQLが実行されてしまう。
 イ HTTPSを使ったクロスサイトスクリプティング攻撃を受けると、
   Webブラウザでプログラムやスクリプトを実行しない設定に
   しても実行を禁止できなくなるので、悪意のあるWebサイトから
   ダウンロードされたプログラムやスクリプトが実行されてしまう。
 ウ HTTPSを使ったブルートフォース攻撃を受けるとログイン試行の
   チェックができないので、Webアプリケーションでアカウント
   ロックなどの対策が実行できなくなってしまう。
 エ 攻撃者が社内ネットワークに仕掛けたマルウェアによってHTTPS
   が使われると、通信内容がチェックできないので、秘密情報が
   社外に送信されてしまう。



続きを読む
タグ:https
posted by ファーストマクロ at 11:07| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年10月13日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問43

問43
図のような構成と通信サービスのシステムにおいて、Webアプリケーションの
脆弱性対策のためのWAFの設置場所として、最も適切な箇所はどこか。
ここで、WAFには通信を暗号化したり復号したりする機能はないものとする。

 平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問43

 ア a  イ b  ウ c  エ d




続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:50| Comment(0) | H29春応用情報技術者