2016年10月31日

リストからの選択

@EXCELを立ち上げます。
AセルA1をマウスで右クリックし、
 『
ドロップダウン リストから選択(K)』 を選びます。
 リストからの選択

B何か起こりましたでしょうか?
 → 白い枠がA1のセルの下に表示されるはずです。
   が、これでは、何か起こったとは言えません。
 リストからの選択

では、
CA1のセルに何でもいいですが、
 “
日本”と入力します。
DA2のセルに何でもいいですが、
 “
あああ”と入力します。
EA3のセルで、先ほどのようにマウスで右クリック
 し、ドロップダウン リストから選択(K)』を選びます。

今度こそ何か起こったと思います。
 リストからの選択

地味ですが、便利に思う時がある機能です。




WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 21:01| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月30日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−10

V−10
ページング方式の仮想記憶システムにおいて、スラッシングが発生した際の対処方法と
して次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 主記憶装置の容量を減らす。
 A 同時に実行するプロセスを減らす。
 B 補助記憶装置上に確保している仮想記憶用の領域の容量を増やす。
 C 補助記憶装置のフラグメンテーションを解消する。
 D 補助記憶装置の容量を増やす。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 10:24| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月29日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−9

V−9
5つのシンボルP、Q、R、S、Tで構成された信号をハフマン符号化したい。
各シンボルの生起確率がそれぞれ順に 0.10、0.05、0.20、0.25、0.40であるとき、
最も適切な符号化方法はどれか。

 @ P:0010 Q:0011 R:000  S:01  T:1
 A P:01  Q:10  R:00  S:1   T:0
 B P:0010 Q:0001 R:0100 S:0101 T:1000
 C P:010  Q:001  R:011  S:100  T:101
 D P:000  Q:001  R:01  S:10  T:11



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:13| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月28日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−8

V−8
次の記述の、     に入る用語の組合せとして、最も適切なものはどれか。
 ア  によるCPU資源の浪費を避けるため、通常のCPUでは、  イ  を用いて
入出力デバイスの操作の完了を知る仕組みになっている。入出力デバイスの操作が
完了すると、例えば  ウ  を参照し  エ  にジャンプする。

                             
 @ スピンロック  割込み    割込みハンドラ 割込みべクタ
 A スピンロック  ビジーウェイト ロックベクタ   ロックハンドラ
 B スピンロック  ビジーウェイト ロックハンドラ  ロックベクタ
 C ビジーウェイト 割込み    割込みハンドラ 割込みべクタ
 D ビジーウェイト 割込み    割込みべクタ  割込みハンドラ



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:09| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月27日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−7

V−7
プロセッサのアーキテクチャに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ 1ステージがPナノ秒で実行されるステージ数Dのパイプラインにおいて、N個の命令の
   実行が完了する最短時間は、N×P/Dナノ秒である。
 A VLIW方式では、複数個の命令が同時に実行されるが、命令の実行中に命令間の
   依存関係をプロセッサが検知した場合には、命令の実行が中断される。
 B スーパースカラとは、複数個のパイプラインをプロセッサに備えることにより、パイプライン
   ハザードを回避する技術である。
 C スーパーパイプラインとは、命令実行の各ステージを細かく分割することにより、
   パイプラインの動作の効率を向上させる高速化技術である。
 D パイプラインにおける構造ハザードとは、プログラムにある条件分岐が原因となり
   ストールする現象である。




続きを読む
posted by ファーストマクロ at 19:03| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月26日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−6

V−6
グラフ理論に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
 @ 完全2部グラフは、すべての頂点同士が辺で繋がっている。
 A 距離を重みとする重み付きグラフでは、ある頂点から別の頂点への移動に
   要する重みは、どの順路でも常に同じである。
 B 頂点から出た辺が同じ頂点に戻るループのみである場合、その頂点は
   孤立点である。
 C 3つの頂点及び3つの辺で構成される単純閉路グラフならば、いずれの
   頂点でも次数は2である。
 D 無向完全グラフでは、頂点の数をnとしたとき、辺の数は2nとなる。



続きを読む
タグ:グラフ理論
posted by ファーストマクロ at 18:58| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月25日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−5

V−5

データ数の配列をソートするアルゴリズムにおいて、時間計算量がO(nlogn)
となる場合として、最も適切なものはどれか。

 @ 最悪計算時間でクイックソートする場合
 A 最悪計算時間でマージソートする場合
 B 最良計算時間で単純挿入ソートする場合
 C 平均計算時間でシェルソートする場合
 D 平均計算時間で選択ソートする場合



続きを読む
タグ:計算量
posted by ファーストマクロ at 23:47| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月24日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−4

V−4
次のようなBNFで定義された文法を考える。
 <S> :: = <A><B>
 <A> :: = a | a<A>
 <B> :: = b | b<B> | c | c<B>

ここで、< > で囲まれたものは非終端記号、英小文字1文字は終端記号とし、
開始記号を <S> とする。この文法により生成される文を正規表現で表したものは
どれか。ただし、正規表現において * は直前のものの0回以上の繰り返しを表す。
 | は選択を表すものとする。

 @ a*b*c
 A a*(b | c)*
 B aa*(bb* | cc*)
 C aa*(bc)(bc)*
 D aa*(b | c)(b | c)*



続きを読む
タグ:BNF
posted by ファーストマクロ at 21:45| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月23日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−3

V−3
整数を8ビットの、2の補数表現で表しているとする。次のうち最も適切なものはどれか。

 @ 011101012 + 000011002 はオーバーフローしないで計算できる。
 A 21と−21の2の補数表現は、全ビットの0と1を交換したものである。
 B 値を2倍にするのに、オーバーフローが起こらない限り、1ビット左シフトで実現できる。
 C 表現できる範囲は、-128から128までである。
 D 最も小さい値は111111112である。



続きを読む
タグ:2の補数
posted by ファーストマクロ at 21:10| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月22日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−2

V−2

C言語で、1から20までの数字を表示し、3で割り切れるときはFizz、5で割り切れる
ときはBuzz、両方で割り切れるときはFizzBuzzと表示するプログラムを実装したい。
次の空欄     に(ア)、(イ)、(ウ)を入れたプログラムの動作に関する記述のうち、
最も適切なものはどれか。

 #include <stdio.h>
 int main() {
  int i;
     
 }

(ア) for (i = 1; i <= 20; i++)
    printf("%d %s%s\n", i, i % 3 ? "" : "Fizz", i % 5 ? "" : Buzz");

(イ) char *fb[15] = {"FizzBuzz", "", "", "Fizz", "",
             "Buzz", "Fizz", "", "", "Fizz",
             "Buzz", "", "Fizz", "", ""};
   for (i = 1; i <=20; i++) printf("%d %s\n", i, fb[i % 15]);

(ウ) for (i = 1; i く= 20; i++) {
    printf("%d ", i);
    if (i % 3 == 0 && i % 5 == 0 ) printf("FizzBuzz\n");
    else if (i % 3 == 0) printf("Fizz\n");
    else if (i % 5 == 0) printf("Buzz\n");
    else printf("\n");
   }

 @ (ア) と (イ) と (ウ)、いずれを入れても正しく動作する。
 A (ア) 又は (イ) を入れたときのみ正しく動作する。
 B (ア) 又は (ウ) を入れたときのみ正しく動作する。
 C (イ) 又は (ウ) を入れたときのみ正しく動作する。
 D (ウ) を入れたときのみ正しく動作する。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:34| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月21日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−1

V−1
仮想的なスタックマシンが次の命令をもつとする。

push a データ a をスタックに積む。
dup  スタックの最上部のデータを複製してスタックに積む。
swap  スタックの最上部の2つのデータの位置を交換する。
add  スタックの最上部の2つのデータをスタックから取り除き、その2つのデータの
    和をスタックに積む。
sub  スタックの最上部のデータ a とその直下のデータ b をスタックから取り除き、
    b-a をスタックに積む。
cmp x スタックの最上部の2つのデータを取り除き、その2つのデータが等しくな
    ければ、ラベルx へプログラムの制御を移す。
 このスタックマシン上で、次のプログラムが終了したときに、スタックの最上部にある
値はどれか。

  push 5
L1: dup
  push 1
  sub
  dup
  push 1
  cmp L1
L2: add
  swap
  dup
  push 5
  cmp L2
  add

 @ 8  A 10  B 12  C 15  D 20



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 22:30| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)

2016年10月20日

定型文字列の設定

例えばセルに 100 と入力するだけで、
 「
合計:100人
と表示されるように設定できます。

@セルA1を選択します。
Aマウスを右クリックし、『
セルの書式設定(E)』を選択します。
 定型文字列

B『
表示形式』のタブから 『ユーザー定義』を選択し、
 「
種類(T)」のところに
  
合計:@人
 と入力して、『
OK』ボタンを押します。
 定型文字列

CA1のセルに “
100” とか、適当に数字を入れてみましょう。
 定型文字列



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:定型文字列
posted by ファーストマクロ at 22:21| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月19日

ブック間のシートの移動、コピー


例えば  XXX.xls の Sheet1 を違うブックの
YYY.xls の Sheet2 のすぐ後ろに移動、あるいはコピーさせたいとします。

こんな場合は次のようにします。
続きを読む
タグ:移動 コピー
posted by ファーストマクロ at 23:35| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月18日

タイトルを中央揃え(センタリング)する


WORDなら「中央揃え
 センタリング

のアイコンだけで、タイトルが簡単に
センタリングできますが、
EXCELだと、
通常はセルの範囲内でしか、センタリングされません。

EXCELでタイトルをセンタリングするにはちょっと工夫が必要です。

続きを読む
posted by ファーストマクロ at 23:26| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月17日

全ての計算式を表示する


EXCELで、全ての計算式を表示させる機能があります。

実際にやってみましょう。
まずは準備から。

続きを読む
タグ:TIPS
posted by ファーストマクロ at 20:18| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月16日

特定の日付が第何週目かを求める関数

今日がその年の第何週目かを求める関数を紹介します。
 
=WEEKNUM() 関数です。



以下のように西暦2000年を例にした場合、
セルB2には =WEEKNUM(A2,
1) と入力します。

(A2,1)1 は、週の始まりの基準を指定します。
日曜始まりの場合は、
1を指定し、
月曜始まりの場合は、
2を指定します。
なお、省略すると、日曜始まりとなります。

 imageExcel053-1.jpg

なお、今日が第何週かを調べる時は
 
=WEEKNUM(TODAY(),1) 
とすればよいでしょう。
いや、
 =WEEKNUM(TODAY()) の方がシンプルです。

WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

posted by ファーストマクロ at 09:30| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月15日

エラーのセル以外を計算する


今回のTipsも
配列数式関連です。

@まずは、次のような表を作ってください。
  配列数式

A次にセルC1に 
=B1/A1 と入れます。
B以下
 C2:
=B2/A2
 C3:
=B3/A3
 C4:
=B4/A4
 C5:
=B5/A5
と入力します。
  →C3だけが
#DIV/0! となります。

CセルC6に
=AVERAGE(C1:C5) と入力します。
 ※ =AVERAGE() 関数は平均を求める関数です。
 →またもや #DIV/0! となります。
  配列数式

よくありがちです。

だったら、A列の合計と、B列の合計を求めて
 C6: =B6/A6
 としよう。。。。1.2875?? 増加率
128.75%!!??
 ・・・そうか、3行目の数字は足したくないな。。。

  配列数式

これを
裏ワザで解消しましょう。



@C6のセルに
 
=AVERAGE(IF(NOT(ISERR(C1:C5)),C1:C5))
と入れて
Ctrl + Shift + Enter キーを入力します。
※式が{ }で括られます。

これだけです。

続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:48| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月14日

任意のセルの和をシミュレーションする

EXCEL Tips050で紹介した
Ctrl + Shift + Enter
を使って、数式を { }で括る方法を
配列数式』といいます。
 ※蛇足ですが、{ }はキーボードから入力しても
  
無効です。

今回の
裏ワザもこの配列数式の応用です。

続きを読む
posted by ファーストマクロ at 23:59| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月13日

1行おきに合計する計算式(配列数式)

以前からご要望の多かった
1行おきに合計する計算式を考えてみました。
配列数式」という方法です。

例えば
 配列数式

のような表を作って、
男性、女性の合計を計算したいとします。

単純に
C7:
=SUM(C1,C3,C5)
C8:
=SUM(C2,C4,C6)
でもOKです。
でも、行が100行なら、面倒なことになります。
 
C100 = SUM(C2,C4,C6,C8, ・・・・ , C98)

今回はちょっと難しいところもありますが、紹介します。
行の追加削除にも柔軟に対応できる
裏ワザです。

続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:17| Comment(0) | EXCEL Tips

2016年10月12日

自動的にふりがなを表示する

EXCELで
PHONETIC」という関数があります。

住所録なんかをEXCELで作成するときに
完璧ではありませんが、少しは楽になります。

@セルA1に “
=PHONETIC(B1)
と入力します。
AセルB1に自分の名前を漢字で入れてみてください。



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:ふりがな
posted by ファーストマクロ at 22:29| Comment(0) | EXCEL Tips