2017年06月30日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問20

問20
格納アドレスが1〜6の範囲の直接編成ファイルにおいて、次の条件で
データを格納した場合、アドレス1に格納されているデータのキー値は
どれか。

〔条件〕
(1) キー値が3, 4, 8, 13, 14, 18の順でデータを格納する。
(2) データのキー値を5で割った余りに1を加えた値を格納アドレスにする。
(3) 格納アドレスに既にデータがある場合には、次のアドレスに格納する。
 これを格納できるまで繰り返す。最終アドレスの次は先頭とする。
(4) 初期状態では、ファイルは何も格納されていない。

 ア 8  イ 13  ウ 14  エ 18


続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:40| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月29日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問19

問19
LRUアルゴリズムで、ページ置換えの判断基準に用いられる項目はどれか。

 ア 最後に参照した時刻
 イ 最初に参照した時刻
 ウ 単位時間当たりの参照頻度
 エ 累積の参照回数


続きを読む
タグ:LRU
posted by ファーストマクロ at 23:23| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月28日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問18

問18
マルチプログラミングにおけるプロセスの切替え手順を示した図において、
OSの処理 a 〜 c として、適切な組合せはどれか。
 基本情報処理技術者


   ┌───────┬───────┬───────┐
   │   a   │   b   │   c   │
 ┌─┼───────┼───────┼───────┤
 │ア│実行状態の回復│プロセスの選択│実行状態の退避│
 ├─┼───────┼───────┼───────┤
 │イ│実行状態の退避│実行状態の回復│プロセスの選択│
 ├─┼───────┼───────┼───────┤
 │ウ│実行状態の退避│プロセスの選択│実行状態の回復│
 ├─┼───────┼───────┼───────┤
 │エ│プロセスの選択│実行状態の回復│実行状態の退避│
 └─┴───────┴───────┴───────┘



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:33| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月27日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問17

問17
仮想記憶システムにおいて主記憶の容量が十分でない場合、プログラムの
多重度を増加させるとシステムのオーバヘッドが増加し、アプリケーションの
プロセッサ使用率が減少する状態を表すものはどれか。

 ア スラッシング
 イ フラグメンテーション
 ウ ページング
 エ ボトルネック



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月26日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問16

問16
ある時間帯でのジョブの処理状況を計測したところ、次のとおりであった。
どのような状況になっているか。

 〔ジョブの処理状況〕
 (1) 多重度3でジョブを実行する。
 (2) ジョブは5分間隔で発生し、実行時間は多重度に依存せず20分
   である。
 (3) 各ジョブは実行終了後にスプーリング機能を利用して印刷し、
   印刷時間は
   15分である。
 (4) プリンタは2台使用する。

 ア 印刷待ちだけが増加している。
 イ 実行待ちだけが増加している。
 ウ 実行待ちと印刷待ちが増加している。
 エ 実行待ちも印刷待ちも発生していない。




続きを読む
posted by ファーストマクロ at 23:41| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月25日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問15

問15
2台のコンピュータを並列に接続して使うシステムがある。それぞれの
MTBFとMTTRを次の表に示す。どちらか1台が稼働していれば
よい場合、システム全体の稼働率は何%か。

         ┌─────┬─────┐
         │ MTBF │ MTTR │
 ┌───────┼─────┼─────┤
 │コンピュータ1│480時間│ 20時間│
 ├───────┼─────┼─────┤
 │コンピュータ2│950時間│ 50時間│
 └───────┴─────┴─────┘

 ア 91.2  イ 95.5  ウ 96.5  エ 99.8



続きを読む
タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 11:21| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月24日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問14

問14
ロードバランサを使用した負荷分散クラスタ構成と比較した場合の、
ホットスタンバイ形式によるHA (High Availability) クラスタ構成の
特徴はどれか。

 ア 稼働している複数のサーバ間で処理の整合性を取らなければ
   ならないので、データベースを共有する必要がある。
 イ 障害が発生すると稼働中の他のサーバに処理を分散させるので、
   稼働中のサーバの負荷が高くなり、スループットが低下する。
 ウ 処理を均等にサーバに分散できるので、サーバマシンが有効に
   活用でき、将来の処理量の増大に対して拡張性が確保できる。
 エ 待機系サーバとして同一仕様のサーバが必要になるが、障害発生時
   には待機系サーバに処理を引き継ぐので、障害が発生しても
   スループットを維持することができる。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 10:11| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月23日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問13

問13
3層クライアントサーバシステム構成で実現したWebシステムの特徴として、適切な
ものはどれか。

 ア HTMLで記述されたプログラムをサーバ側で動作させ、クライアントソフトはその
   結果を画面に表示する。
 イ 業務処理の変更のたびに、Webシステムを動作させるための業務処理用
   アプリケーションを配布し、インストールする必要がある。
 ウ 業務処理はサーバ側で実行し、クライアントソフトはHTMLの記述に従って、
   その結果を画面に表示する。
 エ クライアント端末には、サーバ側からのHTTP要求を待ち受けるサービスを
   常駐させておく必要がある。



続きを読む
タグ:Webシステム
posted by ファーストマクロ at 22:49| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月22日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問12

問12
データを分散して複数の磁気ディスクに書き込むことによって、データ入出力の
高速化を図る方式はどれか。
 
 ア ストライピング
 イ スワッピング
 ウ ディスクキャッシュ
 エ ミラーリング



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 19:30| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月21日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問11

問11
1Mバイトのメモリを図のようにMPUに接続するとき、最低限必要なアドレスバスの
信号線の本数 n はどれか。ここで、メモリにはバイト単位でアクセスするものとし、
1Mバイトは1,024kバイト、1kバイトは1,024バイトとする。
 基本情報処理技術者


 ア 18  イ 19  ウ 20  エ 21


続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:21| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月20日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問10

問10
CPUにおける投機実行の説明はどれか。

 ア 依存関係にない複数の命令を、プログラム中での出現順序に関係なく
   実行する。
 イ パイプラインの空き時間を利用して二つのスレッドを実行し、あたかも二つの
   プロセッサであるかのように見せる。
 ウ 二つ以上のCPUコアによって複数のスレッドを同時実行する。
 エ 分岐命令の分岐先が決まる前に、あらかじめ予測した分岐先の命令の実行を
   開始する。



続きを読む
タグ:投機実行
posted by ファーストマクロ at 19:06| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月19日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問9

問9
主記憶のデータを図のように参照するアドレス指定方式はどれか。

 基本情報処理技術者

 ア 間接アドレス指定
 イ 指標アドレス指定
 ウ 相対アドレス指定
 エ 直接アドレス指定


続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月18日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問8

問8
Web環境での動的処理を実現するプログラムであって、Webサーバ上だけで動作
するものはどれか。

 ア JavaScript
 イ Javaアプレット
 ウ Javaサーブレット
 エ VBScript



続きを読む
タグ:JAVA
posted by ファーストマクロ at 10:43| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月17日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問7

問7
整数xy (xy≧0) に対して、次のように定義された関数 F(x, y) がある。
F(231, 15) の値は幾らか。ここで、x mod yxy で割った余りである。

 F(x, y) = x (y = 0 のとき)
 F(x, y) = F(y, x mod y) (y > 0 のとき)

 ア 2  イ 3  ウ 5  エ 7



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:11| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月16日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問6

問6
2分探索木になっている2分木はどれか。
 基本情報処理技術者



続きを読む
タグ:2分木
posted by ファーストマクロ at 19:39| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月15日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問5

問5
標本化、符号化、量子化の三つの工程で、アナログをディジタルに変換
する場合の順番として、適切なものはどれか。

 ア 標本化、量子化、符号化
 イ 符号化、量子化、標本化
 ウ 量子化、標本化、符号化
 エ 量子化、符号化、標本化


続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:05| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月14日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問4

問4
32ビットで表現できるビットパターンの個数は,24ビットで表現できる個数の何倍か。

 ア 8  イ 16  ウ 128  エ 256


続きを読む
posted by ファーストマクロ at 22:30| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月13日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問3

問3
300円の商品を販売する自動販売機の状態遷移図はどれか。
ここで、入力と出力の関係を“入力/出力”で表し、入力の “a” は “100円硬貨”を、
“b” は “100円硬貨以外” を示し、S0〜S2は状態を表す。入力が “b” の場合は
すぐにその硬貨を返却する。また、終了状態に遷移する際、出力の “1” は商品の販売を、
“0” は何もしないことを示す。
 基本情報処理技術者


続きを読む
タグ:状態遷移図
posted by ファーストマクロ at 21:20| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月12日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問2

問2
ある工場では、同じ製品を独立した二つのラインA、Bで製造している。
ラインAでは製品全体の60%を製造し、ラインBでは40%を製造している。
ラインAで製造された製品の2%が不良品であり、ラインBで製造された製品の
1%が不良品であることが分かっている。
いま、この工場で製造された製品の一つを無作為に抽出して調べたところ、
それは不良品であった。その製品がラインAで製造された確率は何%か。

 ア 40  イ 50  ウ 60  エ 75


続きを読む
タグ:確率
posted by ファーストマクロ at 20:31| Comment(0) | H28秋基本情報技術者

2017年06月11日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問1

問1
8ビットのビット列の下位4ビットが変化しない操作はどれか。

 ア 16進表記 0F のビット列との排他的論理和をとる。
 イ 16進表記 0F のビット列との否定論理積をとる。
 ウ 16進表記 0F のビット列との論理積をとる。
 エ 16進表記 0F のビット列との論理和をとる。



続きを読む
タグ:ビット操作
posted by ファーストマクロ at 09:51| Comment(0) | H28秋基本情報技術者