2017年09月30日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問30

問30
ビッグデータの利用におけるデータマイニングを説明したものはどれか。

 ア 蓄積されたデータを分析し、単なる検索だけでは分からない
   隠れた規則や相関関係を見つけ出すこと
 イ データウェアハウスに格納されたデータの一部を、特定の用途や
   部門用に切り出して、データベースに格納すること
 ウ データ処理の対象となる情報を基に規定した、データの構造、
   意味及び操作の枠組みのこと
 エ データを複数のサーバに複製し、性能と可用性を向上させること



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 08:40| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月29日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問29

問29
トランザクションAとBが、共通の資源であるテーブル a と b を表に
示すように更新するとき、デッドロックとなるのはどの時点か。ここで、
表中の@〜Gは処理の実行順序を示す。また、ロックはテーブルの
更新直前にテーブル単位で行い、アンロックはトランザクション終了後に
行うものとする。

   ┌─────────────┬─────────────┐
   │ トランザクションA   │  トランザクションB  │
   ├─────────────┼─────────────┤
  ││@ トランザクション開始 │             │
  │├─────────────┼─────────────┤
  ││             │A トランザクション開始 │
  │├─────────────┼─────────────┤
  ││B テーブルa更新    │             │
  │├─────────────┼─────────────┤
 時││             │C テーブルb更新    │
 間│├─────────────┼─────────────┤
  ││D テーブルb更新    │             │
  │├─────────────┼─────────────┤
  ││             │E テーブルa更新    │
  │├─────────────┼─────────────┤
  ││F トランザクション終了 │             │
  │├─────────────┼─────────────┤
  ↓│             │G トランザクション終了 │
   └─────────────┴─────────────┘

 ア B  イ C  ウ D  エ E




続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:34| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月28日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問28

問28
“部品” 表のメーカコード列に対し、B+木インデックスを作成した。
これによって、“部品” 表の検索の性能改善が最も期待できる
操作はどれか。ここで、部品及びメーカのデータ件数は十分に多く、
“部品”表に存在するメーカコード列の値の種類は十分な数があり、
かつ、均一に分散しているものとする。
また、“部品”表のごく少数の行には、メーカコード列にNULLが
設定されている。実線の下線は主キーを、破線の下線は外部キーを
表す。

 部品 (部品コード, 部品名, メーカコード)
 メーカ (メーカコード, メーカ名, 住所)

 ア メーカコードの値が1001以外の部品を検索する。
 イ メーカコードの値が1001でも4001でもない部品を検索する。
 ウ メーカコードの値が4001以上、4003以下の部品を検索する。
 エ メーカコードの値がNULL以外の部品を検索する。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:09| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月27日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問27

問27
“受注明細”表は、どのレベルまでの正規形の条件を満足しているか。
ここで、実線の下線は主キーを表す。

   受注明細
  ┌────┬────┬─────┬─────┬──┐
  │受注番号明細番号│商品コード│ 商品名 │数量│
  ┝━━━━┿━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━┥
  │ 015867 │  1  │ TV20006 │20型テレビ│20│
  ├────┼────┼─────┼─────┼──┤
  │ 015867 │  2  │ TV24005 │24型テレビ│10│
  ├────┼────┼─────┼─────┼──┤
  │ 015867 │  3  │ TV28007 │28型テレビ│ 5│
  ├────┼────┼─────┼─────┼──┤
  │ 015868 │  1  │ TV24005 │24型テレビ│ 8│
  └────┴────┴─────┴─────┴──┘

 ア 第1正規形
 イ 第2正規形
 ウ 第3正規形
 エ 第4正規形



続きを読む
タグ:正規形
posted by ファーストマクロ at 20:01| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月26日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問26

問26
データモデルを解釈してオブジェクト図を作成した。解釈の誤りを
適切に指摘した記述はどれか。ここで、モデルの表記にはUMLを用い、
オブジェクト図の一部の属性の表示は省略した。


   ┌────┐   ┌────┐   ┌────┐
   │ 顧客 │   │ 注文 │   │ 商品 │
   ├────┤1 *├────┤* 1├────┤
   │顧客番号├───┤注文番号├───┤商品番号│
   │顧客名 │   │注文日 │   │商品名 │
   │住所  │   │注文数 │   │価格  │
   └────┘   └────┘   └────┘
            データモデル

image29HaruOuyou26.jpg

 ア “123456:注文” が複数の商品にリンクしているのは、誤りで
   ある。
 イ “2ドア冷蔵庫:商品” が複数の注文にリンクしているのは、
   誤りである。
 ウ “A商店:顧客” が複数の注文にリンクしているのは、誤りで
   ある。
 エ “ドラム式洗濯機:商品” がどの注文にもリンクしていないのは、
   誤りである。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:19| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月25日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問25

問25
表示装置には色彩や濃淡などの表示能力に限界がある。
一つ一つの画素では表現可能な色数が少ない環境でも、いくつかの画素を
使って見掛け上表示できる色数を増やし、滑らかで豊かな階調を表現する
手法はどれか。

 ア インデックスカラー
 イ オーバレイ
 ウ カーニング
 エ ディザリング



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:04| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月24日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問24

問24
コードの値からデータの対象物が連想できるものはどれか。

 ア シーケンスコード
 イ デシマルコード
 ウ ニモニックコード
 エ ブロックコード



続きを読む
タグ:コード
posted by ファーストマクロ at 16:07| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月23日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問23

問23
図の回路が実現する論理式はどれか。ここで、論理式中の"・"は
論理積、"+"は論理和を表す。

 image29HaruOuyou23.jpg

 ア F=A
 イ F=B
 ウ F=A・B
 エ F=A+B




続きを読む
タグ:論理回路
posted by ファーストマクロ at 06:49| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月22日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問22

問22
16ビットのダウンカウントのカウンタを用い、カウンタの値が0に
なると割込みを発生するハードウェアタイマがある。
カウンタに初期値として10進数の150をセットしてタイマをスタート
すると、最初の割込みが発生するまで時間は何マイクロ秒か。
ここで、タイマクロックは16MHzを32分周したものとする。

 ア 0.3  イ 2  ウ 150  エ 300




続きを読む
タグ:割込み
posted by ファーストマクロ at 20:46| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月21日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問21

問21
16進数ABCD1234をリトルエンディアンで4バイトのメモリに配置
したものはどれか。ここで、0 〜 +3はバイトアドレスのオフセット値
である。

    0  +1 +2 +3     0  +1 +2 +3 
  ┌──┬──┬──┬──┐  ┌──┬──┬──┬──┐
 ア│12│34│AB│CD│ イ│34│12│CD│AB│
  └──┴──┴──┴──┘  └──┴──┴──┴──┘
    0  +1 +2 +3     0  +1 +2 +3 
  ┌──┬──┬──┬──┐  ┌──┬──┬──┬──┐
 ウ│43│21│DC│BA│ エ│AB│CD│12│34│
  └──┴──┴──┴──┘  └──┴──┴──┴──┘



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 19:55| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月20日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問20

問20
エネルギーハーベスティングの適用例として、適切なものはどれか。

 ア AC電源で充電したバッテリで駆動される携帯電話機
 イ インバータ制御を用いるエアーコンディショナの室外機
 ウ スイッチを押す力を電力に変換して作動する RF リモコン
 エ 無停電電源装置を備えたデータサーバ



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:45| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月19日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問19

問19
オープンソースライセンスのGNU GPL (GNU General Public
License) の説明のうち、適切なものはどれか。
 ア GPLであるソースコードの実現する機能を利用する、別の
   プログラムのソースコードを作成すると、GPLが適用される。
 イ GPLであるソースコードのすべてを使って派生物を作った
   場合に限って、GPLが適用される。
 ウ GPLであるソースコードの派生物のライセンスは、無条件に
   GPLになる。
 エ GPLであるソースコードを組み込んだ派生物をGPLにするか
   否かは、派生物の開発者が決める。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 07:10| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月18日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問18

問18
ホワイトボックステストにおいて、プログラムの実行された部分の
割合を測定するのに使うものはどれか。

 ア アサーションチェッカ
 イ シミュレータ
 ウ 静的コード解析ツール
 エ テストカバレージ分析ツール




続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:53| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月17日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問17

問17
サーバアプリケーションの開発のための、オブジェクト指向技術に
基づいたコンポーネントソフトウェアの仕様はどれか。

 ア EAI (Enterprise Aplication Integration)
 イ EJB (Enterprise JavaBeans)
 ウ ERP (Enterprise Resource Planning)
 エ UML (Unified Modeling Language)



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:07| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月16日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問16

問16
4ブロックのキャッシュメモリC0〜C3が表に示す状態である。ここで、
新たに別のブロックの内容をキャッシュメモリにロードする必要が生じたとき、
C2のブロックを置換の対象とするアルゴリズムはどれか。

┌─────┬─────┬──────┬────┐
│キャッシュ│ロード時刻│最終参照時刻│参照回数│
│ メモリ │(分:秒)│ (分:秒) │    │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C0  │ 0:00 │ 0:08 │ 10 │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C1  │ 0:03 │ 0:06 │  1 │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C2  │ 0:04 │ 0:05 │  3 │
├─────┼─────┼──────┼────┤
│  C3  │ 0:05 │ 0:10 │  5 │
└─────┴─────┴──────┴────┘

 ア FIFO  イ LFU  ウ LIFO  エ LRU




続きを読む
タグ:FIFO
posted by ファーストマクロ at 08:35| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月15日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問15

問15
図に示す二つの装置から構成される並列システムの稼働率は幾らか。
ここで、どちらか一つの装置が稼働していればシステムとして稼働していると
みなし、装置A、Bとも、MTBFは450時間、MTTRは50時間とする。

      ┌───┐
    ┌─┤装置A├─┐
    │ └───┘ │
 ───┤       ├──
    │ ┌───┐ │
    └─┤装置B├─┘
      └───┘

 ア 0.81  イ 0.90  ウ 0.96  エ 0.99



続きを読む
タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 08:21| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月14日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問14

問14
コンピュータシステムの性能評価法の一つであるモニタリングの説明と
して、適切なものはどれか。

 ア 各プログラムの実行状態や資源の利用状況を測定し、システムの
   構成や応答性能を改善するためのデータを得る。
 イ システムの各構成要素に関するカタログ性能データを収集し、
   それらのデータからシステム全体の性能を算出する。
 ウ 典型的なプログラムを実行し、入出力や制御プログラムを含めた
   システムの総合的な処理性能を測定する。
 エ 命令を分類し、それぞれの使用頻度を重みとした加重平均に
   よって全命令の平均実行速度を求める。




続きを読む
posted by ファーストマクロ at 22:45| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月13日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問13

問13
CPUと磁気ディスク装置で構成されるシステムで、表に示すジョブ
A、Bを実行する。この二つのジョブが実行を終了するまでのCPUの
使用率と磁気ディスク装置の使用率との組合せのうち、適切なものは
どれか。ここで、ジョブA、Bはシステムの動作開始時点ではいずれも
実行可能状態にあり、A、Bの順で実行される。CPU及び磁気ディスク
装置は、ともに一つの要求だけを発生順に処理する。ジョブA、Bとも、
CPUの処理を終了した後、磁気ディスク装置の処理を実行する。

                           単位 秒
    ┌───┬────────┬─────────────┐
    │ジョブ│CPUの処理時間│磁気ディスク装置の処理時間│
    ├───┼────────┼─────────────┤
    │ A │    3   │       7     │
    ├───┼────────┼─────────────┤
    │ B │   12   │      10     │
    └───┴────────┴─────────────┘
   ┌───────┬────────────┐
   │CPUの使用率│磁気ディスク装置の使用率│
 ┌─┼───────┼────────────┤
 │ア│  0.47 │    0.53    │
 ├─┼───────┼────────────┤
 │イ│  0.60 │    0.68    │
 ├─┼───────┼────────────┤
 │ウ│  0.79 │    0.89    │
 ├─┼───────┼────────────┤
 │エ│  0.88 │    1.00    │
 └─┴───────┴────────────┘




続きを読む
タグ:使用率
posted by ファーストマクロ at 01:20| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月12日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問12

問12
WebシステムにおけるCDN (Contents Delivery Netowork) に関する
記述として、適切なものはどれか。
 ア Webサーバ、アプリケーションサーバ、データベースサーバの
   三つの構成要素に分けることによってコンテンツの検索を容易に
   すると同時に、システムの拡張性も高める。
 イ コミュニティ型のWebサイト及びネットワークサービスによって、
   人と人のつながりを促進するコンテンツを共有する。
 ウ 動画再生や音楽再生に必要なプログラム部品をインターネット経由で
   入手し、Webブラウザに組み込む。
 エ 動画や音声などの大容量のデータを利用する際に、インターネット
   回線の負荷を軽減するようにサーバを分散配置する。



続きを読む
タグ:CDN
posted by ファーストマクロ at 08:22| Comment(0) | H29春応用情報技術者

2017年09月11日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問11

問11
15Mバイトのプログラムを圧縮した状態でフラッシュメモリに格納している。
プログラムの圧縮率が40%、フラッシュメモりから主記憶への転送速度が
20Mバイト/秒であり、1Mバイトに圧縮されたデータの展開に主記憶上で
0.03秒が掛かるとき、このプログラムが主記憶に展開されるまでの時間は
何秒か。ここで、フラッシュメモリから主記憶への転送と圧縮データの展開は
同時には行われないものとする。

 ア 0.48   イ 0.75  ウ 0.93  エ 1.20




続きを読む
タグ:転送と圧縮
posted by ファーストマクロ at 00:08| Comment(0) | H29春応用情報技術者