2017年09月07日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問7

問7
プログラムの特性に関する記述のうち、適切なものはどれか。
 ア 再帰的プログラムは、手続きの中でそれ自体を呼び出すプログラム
   であり、再入可能である。
 イ 再使用可能プログラムは、一度実行したプログラムを主記憶
   装置上にロードし直さずに再度実行できるプログラムであり、
   再入可能である。
 ウ 再入可能プログラムは、複数のタスクから同時に呼び出されたときに、
   並列に実行できるプログラムであるが、再配置可能ではない。
 エ 再配置可能プログラムは、主記憶装置上のどの領域にロード
   されても実行可能なプログラムであるが、再使用可能ではない。



答えはこちら
タグ:再帰的
posted by ファーストマクロ at 22:38| Comment(0) | H29春応用情報技術者