2017年10月20日

平成29年度春期 応用情報技術者試験問題 問50

問50
日本において特許Aを取得した特許権者から、実施許諾を受けることが
必要になるのはどれか。

 ア 出願日から25年を超えた特許Aと同じ技術を新たに事業化する
   場合
 イ 特許Aの出願日よりも前から特許Aと同じ技術を独自に開発して、
   特許Aの出願日に日本国内でその技術を用いた製品を製造し、
   市場で販売していたことが証明できる場合
 ウ 特許Aを家庭内で個人的に利用するだけの場合
 エ 日本国内で製造し、米国に輸出する製品に特許Aを利用する場合



答えはこちら
タグ:特許権
posted by ファーストマクロ at 23:10| Comment(0) | H29春応用情報技術者