2017年11月21日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問1

問1
相関係数に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア すべての標本点が正の傾きをもつ直線上にあるときは、
   相関係数が+1になる。
 イ 変量間の関係が線形のときは、相関係数が0になる。
 ウ 変量間の関係が非線形のときは、相関係数が負になる。
 エ 無相関のときは、相関係数が−1になる。



答えはこちら
タグ:相関係数
posted by ファーストマクロ at 23:30| Comment(0) | H29秋応用情報技術者