2017年12月31日

外字の作成

外字を作成すると自分だけのオリジナルマークや、
「あ」に点々を打って 外字の作成
のような文字を入力することができます。

但し、いろいろと欠点があります。
 ・外字を作成したパソコンでないと、読めない。
  ということは、外字を使って入力した文書を、メールで添付して
  相手に送信してもなんにも見えない。
 ・外字を使って、直接メールしても相手側で見られない
 ・もしオフィスや学校のパソコンで外字を使っていると、
  自宅のパソコンで作った外字を文書オフィスや学校の
  パソコンで見ると、外字が全く別の文字になる時がある。
 ・将来、外字のコード体系が変わったとき、不自由する。
 ・
Windows10では外字が削除できないバグがある。
 
要はパソコンで外字を作っても、基本的にはそのパソコンでしか見られない!
ということです。

あまりお勧めはできませんが
今回はそれを前提として、簡単な外字の作り方を紹介します。

続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:10| Comment(0) | EXCEL Tips

2017年12月30日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問40

問40
ドライブバイダウンロード攻撃の説明はどれか。

 ア PCにUSBメモリが接続されたとき、USBメモリに
   保存されているプログラムを自動的に実行する
   機能を用いてマルウェアを実行し、PCを
   マルウェアに感染させる。
 イ PCに格納されているファイルを勝手に暗号化して、
   復号することと引換えに金銭を要求する。
 ウ 不正にアクセスする目的で、建物の外部に漏れた
   無線LANの電波を傍受して、セキュリティの
   設定が脆弱な無線LANのアクセスポイントを
   見つけ出す。
 エ 利用者がWebサイトを閲覧したとき、利用者に
   気付かれないように、利用者のPCに不正
   プログラムを転送させる。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 16:55| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月29日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問39

問39
パスワードに使用できる文字の種類の数を、パスワードの
文字数を n とするとき、設定できるパスワードの理論的な
総数を求める数式はどれか。

 ア 
 イ !/( − n)!
 ウ !/n!( − n)!
 エ (+n−1)!/n!( − 1)!



続きを読む
タグ:順列組合せ
posted by ファーストマクロ at 20:01| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月28日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問38

問38
SIEM (Security Information and Event Management)
の特徴はどれか。

 ア DMZを通過する全ての通信データを監視し、
   不正な通信を遮断する。
 イ サーバやネットワーク機器のMIB (Management
   Information Base) 情報を分析し、中間者攻撃を
   遮断する。
 ウ ネットワーク機器の IPFIX (IP Flow Information
   Export) 情報を監視し、攻撃者が他者のPCを不正に
   利用したときの通信を検知する。
 エ 複数のサーバやネットワーク機器のログを収集分析し、
   不審なアクセスを検知する。



続きを読む
タグ:SIEM
posted by ファーストマクロ at 20:46| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月27日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問37

問37
SEOポイズニングの説明はどれか。

 ア Web検索サイトの順位付けアルゴリズムを悪用して、
   検索結果の上位に、悪意のあるWebサイトを意図
   的に表示させる。
 イ ウイルス対策ソフトのセキュリティ上の脆弱性を
   悪用して、システム権限で不正な処理を実行させる。
 ウ 車などで移動しながら、無線LANのアクセス
   ポイントを探し出して、ネットワークに侵入する。
 エ ネットワークを流れるパケットから、侵入の
   パターンに合致するものを検出して、管理者への
   通知や、検出した内容の記録を行う。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 23:13| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月26日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問36

問36
認証局が発行するCRLに関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア CRLには、失効したディジタル証明書に対応
   する秘密鍵が登録される。
 イ CRLには、有効期限内のディジタル証明書の
   うち失効したディジタル証明書と失効した
   日時の対応が提示される。
 ウ CRLは、鍵の漏えい、失効申請の状況をリアル
   タイムに反映するプロトコルである。
 エ 有効期限切れで失効したディジタル証明書は、
   所有者が新たなディジタル証明書を取得する
   までの間、CRLに登録される。



続きを読む
タグ:CRL
posted by ファーストマクロ at 22:18| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月25日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問35

問35
ブロードキャストストームの説明として、適切なものはどれか。

 ア 1台のブロードバンドルータに接続するPCの数が多過ぎる
   ことによって、インターネットへのアクセスが遅くなること
 イ IPアドレスを重複して割り当ててしまうことによって、通信
   パケットが正しい相手に到達せず、再送が頻繁に発生すること
 ウ イーサネットフレームの宛先MACアドレスがFF-FF-FF-FF-FF-FF
   で送信され、LANに接続した全てのPCが受信してしまうこと
 エ ネットワークスイッチ間にループとなる経路ができることに
   よって、特定のイーサネットフレームが大量に複製されて、
   通信が極端に遅くなったり通信できなくなったりすること




続きを読む
タグ:SDN
posted by ファーストマクロ at 20:11| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月24日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問34

問34
IPv4においてIPアドレスから MACアドレスを取得する
ために用いるプロトコルはどれか。

 ア ARP  イ DHCP  ウ ICMP  エ RARP



続きを読む
タグ:ARP
posted by ファーストマクロ at 08:36| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月23日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問33

問33
CSMA/CD方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 衝突発生時の再送動作によって、衝突の頻度が
   増すとスループットが下がる。
 イ 送信要求が発生したステーションは、共通伝送路の
   搬送波を検出してからデータを送信するので、
   データ送出後の衝突は発生しない。
 ウ ハブによって複数のステーションが分岐接続され
   ている構成では、衝突の検出ができないので、
   この方式は使用できない。
 エ フレームとしては任意長のビットが直列に送出
   されるので、フレーム長がオクテットの整数倍
   である必要はない。



続きを読む
タグ:CSMA/CD方式
posted by ファーストマクロ at 15:19| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月22日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問32

問32
設置場所が異なるクライアントとサーバ間で、次の
条件で通信を行う場合の応答時間は何秒か。ここで、
クライアントの送信処理の始まりから受信処理の終了
までを応答時間とし、距離による遅延は考慮しない
ものとする。

〔条件〕
クライアントとサーバ間の回線速度 : 8Mビット/秒
伝送劾率 : 60%
電文長 : 上り1Mバイト、下り2Mバイト
クライアントの処理時間 : 送信、受信を合わせて0.4秒
サーバの処理時間 : 送信、受信を合わせて0.4秒

 ア 1.4  イ 3.8  ウ 5.0  エ 5.8



続きを読む
タグ:回線速度
posted by ファーストマクロ at 22:01| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月21日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問31

問31
無線LANで用いられるSSIDの説明として、適切なものは
どれか。

 ア 48ビットのネットワーク識別子であり、
   アクセスポイントの MACアドレスと一致する。
 イ 48ビットのホスト識別子であり、有線LANの
   MACアドレスと同様の働きをする。
 ウ 最長32オクテットのネットワーク識別子で
   あり、接続するアクセスポイントの選択に
   用いられる。
 エ 最長32オクテットのホスト識別子であり、
   ネットワーク上で一意である。



続きを読む
タグ:SSID
posted by ファーストマクロ at 21:41| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月20日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問30

問30
データマイニングの説明として、最も適切なものはどれか。

 ア 基幹業務のデータベースとは別に作成され、更新
   処理をしない集計データの分析を主目的とする。
 イ 個人別データ、部門別データ、サマリデータなど、
   分析の目的別に切り出され、カスタマイズされた
   データを分析する。
 ウ スライシング、ダイシング、ドリルダウンなどの
   インタラクティブな操作によって多次元分析を行い、
   意思決定を支援する。
 エ ニューラルネットワークや統計解析などの手法を
   使って、大量に蓄積されているデータから、
   特徴あるパターンを探し出す。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:31| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月19日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問29

問29
トランザクションA〜Gの待ちグラフにおいて、
永久待ちの状態になっているトランザクション全てを
列挙したものはどれか。ここで、待ちグラフのX→Yは、
トランザクションXはトランザクションYがロック
している資源のアンロックを待っていることを表す。

  〔トランザクションA〜Gの待ちグラフ〕

 平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問29

 ア A、B、C、D
 イ B、C、D
 ウ B、C、D、F
 エ C、D、E、F、G



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:19| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月18日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問28

問28
関係R (ID、A、B、C) のA、Cへの射影の結果と
SQL文で求めた結果が同じになるように、a に
入れるべき字句はどれか。ここで、関係Rを表Tで
実現し、表Tに各行を格納したものを次に示す。

 T
 ┌──┬──┬──┬──┐
 │ID│ A │ B │ C │
 ┝━━┿━━┿━━┿━━┥
 │ 001│a1│b1│c1│
 ├──┼──┼──┼──┤
 │ 002│a1│b1│c2│
 ├──┼──┼──┼──┤
 │ 003│a1│b2│c1│
 ├──┼──┼──┼──┤
 │ 004│a2│b1│c2│
 ├──┼──┼──┼──┤
 │ 005│a2│b2│c2│
 └──┴──┴──┴──┘

〔SQL文〕
 SELECT   a   A, C FROM T

 ア ALL
 イ DISTINCT
 ウ ORDER BY
 エ REFERENCES



続きを読む
タグ:射影
posted by ファーストマクロ at 01:20| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月17日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問27

問27
第3正規形であることの効果又は影響に関する記述と
して、適切なものはどれか。

 ア 画面や帳票の行をそのままデータベースの行に
   対応させるので、データ量が増える
 イ 結合操作が不要となり、データベース全体の
   処理効率が向上する。
 ウ 更新時のデッドロックを避けることができる。
 エ 冗長性が排除され、データの整合性を保ちやすくなる。



続きを読む
タグ:第3正規形
posted by ファーストマクロ at 11:10| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月16日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問26

問26
ストアドプロシージャの利点はどれか。

 ア アプリケーションプログラムからネットワークを
   介してDBMSにアクセスする場合、両者間の
   通信量を減少させる。
 イ アプリケーションプログラムからの一連の要求を
   一括して処理することによって、DBMS内の
   実行計画の数を減少させる。
 ウ アプリケーションプログラムからの一連の要求を
   一括して処理することによって、DBMS内の
   必要バッファ数を減少させる。
 エ データが格納されているディスク装置への I/O
   回数を減少させる。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:23| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月15日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問25

問25
W3Cで仕様が定義され、矩形や円、直線、文字列などの
図形オブジェクトをXML形式で記述し、Webページでの
図形描画にも使うことができる画像フォーマットはどれか。

 ア OpenGL  イ PNG  ウ SVG  エ TIFF



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:29| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月14日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問24

問24
アクセシビリテイ設計に関する規格であるJIS X
8341-1:2010 (高齢者・障害者等配慮設計指針
−情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス
−第1部:共通指針) を適用する目的のうち、適切な
ものはどれか。

 ア 全ての個人に対して、等しい水準のアクセシ
   ビリティを達成できるようにする。
 イ 多様な人々に対して、利用の状況を理解しな
   がら、多くの個人のアクセシビリティ水準を
   改善できるようにする。
 ウ 人間工学に関する規格が要求する水準よりも
   高いアクセシビリティを、多くの人々に提供
   できるようにする。
 エ 平均的能力をもった人々に対して、標準的な
   アクセシビリティが達成できるようにする。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 23:50| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月13日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問23

問23
入力G=0のときはX=A、Y=Bを出力し、G=1の
ときはX=、Y=を出力する回路はどれか。

 ア
問題と解説

 イ
問題と解説

 ウ
問題と解説

 エ
問題と解説



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:11| Comment(0) | H29秋応用情報技術者

2017年12月12日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問22

問22
組込みシステムにおける、ウォッチドッグタイマの機能はどれか。

 ア あらかじめ設定された一定時間内にタイマがクリア
   されなかった場合、システム異常とみなしてシステムを
   リセット又は終了する。
 イ システム異常を検出した場合、タイマで設定された
   時間だけ待ってシステムに通知する。
 ウ システム異常を検出した場合、マスカブル割込みで
   システムに通知する。
 エ システムが一定時間異常であった場合、上位の管理
   プログラムを呼び出す。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 20:24| Comment(0) | H29秋応用情報技術者