2017年12月23日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問33

問33
CSMA/CD方式に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 衝突発生時の再送動作によって、衝突の頻度が
   増すとスループットが下がる。
 イ 送信要求が発生したステーションは、共通伝送路の
   搬送波を検出してからデータを送信するので、
   データ送出後の衝突は発生しない。
 ウ ハブによって複数のステーションが分岐接続され
   ている構成では、衝突の検出ができないので、
   この方式は使用できない。
 エ フレームとしては任意長のビットが直列に送出
   されるので、フレーム長がオクテットの整数倍
   である必要はない。



答えはこちら
タグ:CSMA/CD方式
posted by ファーストマクロ at 15:19| Comment(0) | H29秋応用情報技術者