2018年02月18日

複数行を1度に移動させる(スパイク機能)

次のような文書があったとします。

 1.おはよう
 2.こんにちは
 
3.さようなら
 4.なんとか
 
5.かんとか
 6.どうたら
 
7.こうたら

ここで、
2.こんにちは」と「4.なんとか」と
6.どうたら」を
一番最後に移動させて、

 1.おはよう
 3.さようなら
 5.かんとか
 7.こうたら

 2.こんにちは
 4.なんとか
 6.どうたら


にしたい!!
というような場合、

次のようにすると、まあまあ便利です。



@「
2.こんにちは」をマウスでなぞり、
 「
Ctrl+F3」キーを押します。 
  → 2.こんにちは が削除されます。
A続けて「
4.なんとか」をマウスでなぞり、
 「
Ctrl+F3」キーを押します。 
  → 4.なんとか が削除されます。
Bさらに「
6.どうたら」をマウスでなぞり、
 「
Ctrl+F3」キーを押します。 
  → 6.どうたら が削除されます。
Cマウスカーソルを「
7.こうたら」の後に
 もっていき、
 「
Ctrl + Shift + F3」 キーを押します。

Dあとは、不要な改行を消せばOKです。

※複数行の固まりも一度に移動できます。
スパイク機能は、複数の文章を切り取って、
 まとめて貼り付ける機能のことです。

WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP
タグ:スパイク
posted by ファーストマクロ at 09:43| Comment(0) | WORD Tips