2018年04月30日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問10

問10
NAND 型フラッシュメモリに関する記述として、適切な
ものはどれか。

 ア バイト単位で書込み、ページ単位で読出しを行う。
 イ バイト単位で書込み及び読出しを行う。
 ウ ページ単位で書込み、バイト単位で読出しを行う。
 エ ページ単位で書込み及び読出しを行う。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 07:59| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月29日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問9

問9
プロセッサの高速化技法の一つとして、同時に実行
可能な複数の動作を、コンパイルの段階でまとめて
一つの複合命令とし、 高速化を図る方式はどれか。

 ア CISC
 イ MIMD
 ウ RISC
 エ VLIW



続きを読む
タグ:プロセッサ
posted by ファーストマクロ at 08:57| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月28日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問8

問8
再帰的な処理を実現するためには、再帰的に呼び
出したときのレジスタ及びメモリの内容を保存しておく
必要がある。そのための記憶管理方式はどれか。

 ア FIFO
 イ LFU
 ウ LIFO
 エ LRU



続きを読む
タグ:LIFO
posted by ファーストマクロ at 17:14| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月27日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問7

問7
オブジェクト指向プログラミングにおいて、同一クラス内に、
メソッド名が同一であって、引数の型、個数又は並び
順が異なる複数のメソッドを定義することを何と呼ぶか。

 ア オーバーライド
 イ オーバーロード
 ウ カプセル化
 エ 汎化



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 13:49| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月26日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問6

問6
異なる n 個のデータが昇順に整列された表がある。
この表を m 個のデータごとのブロックに分割し、
各ブロックの最後尾のデータだけを線形探索すること
によって、目的のデータの存在するブロックを探し出す。
次に、当該ブロック内を線形探索して目的のデータを
探し出す。このときの平均比較回数を表す式はどれか。
ここで、m は十分に大きく、n は m の倍数とし、
目的のデータは必ず表の中に存在するものとする。

 ア m + n/m
 イ m/2 + n/2m
 ウ n/m
 エ n/2m



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:20| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月25日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問5

問5
非負の整数 m、n に対して次のとおりに定義
された関数 Ack(m, n) がある。Ack(1, 3) の
値はどれか。
      ┌ Ack(m-1, Ack(m, n-1)) (m>0 かつ n>0のとき)
Ack(m, n) = ┤ Ack(m-1, 1)      (m>0 かつ n=0のとき)
      └ n+1          (m=0 のとき)


 ア 3  イ 4  ウ 5  エ 6



続きを読む
タグ:再帰関数
posted by ファーストマクロ at 07:37| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月24日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問4

問4
サンプリング周波数 40kHz、量子化ビット数16ビットで
A/D変換したモノラル音声の1秒間のデータ量は、何k
バイトとなるか。ここで、1kバイトは1、000バイトとする。

ア 20  イ 40  ウ 80  エ 640



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 16:21| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月23日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問3

問3
ハミング符号とは、 データに冗長ビットを付加して、
1ビットの誤りを訂正できるようにしたものである。ここでは、
、X、X、Xの4ビットから成るデータに3ビットの
冗長ビット P、P、Pを付加したハミング符号
を考える。付加したビット
、P、Pは、それぞれ
 X Θ X Θ X Θ P = 0
 X Θ X Θ X Θ P = 0
 X Θ X Θ X Θ P = 0
となるように決める。ここで、Θ は排他的論理和を
表す。ハミング符号 1110011 には1ビットの誤りが
存在する。誤りビットを訂正したハミング符号はどれか。

 ※出題上はΘは+の○囲み文字。 便宜上 Θ と表記する。

ア 0110011
イ 1010011
ウ 1100011
エ 1110111



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 08:05| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月22日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問2

問2
表は、文字A〜Eを符号化したときのビット表記と、
それぞれの文字の出現確率を表したものである。
1文字当たりの平均ビット数は幾らか。

 ┌──┬─────┬──────┐
 │文字│ビット表記│出現確率(%)│
 ├──┼─────┼──────┤
 │ A │    0│  50  │
 ├──┼─────┼──────┤
 │ B │   10│  30  │
 ├──┼─────┼──────┤
 │ C │  110│  10  │
 ├──┼─────┼──────┤
 │ D │ 1110│   5  │
 ├──┼─────┼──────┤
 │ E │ 1111│   5  │
 └──┴─────┴──────┘

 ア 1.6  イ 1.8  ウ 2.5  エ 2.8



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 08:42| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月21日

平成30年度春期 応用情報技術者試験問題 問1

問1
AI におけるディープラーニングに最も関連が深いものは
どれか。

 ア 試行錯誤しながら条件を満たす解に到達する方法で
   あり、場合分けを行い深さ優先で探索し、解が見つから
   なければ一つ前の場合分けの状態に後戻りする。
 イ 神経回路網を模倣した方法であり、多層に配置
   された素子とそれらを結ぶ信号線で構成され、
   信号線に付随するパラメタを調整することに
   よって入力に対して適切な解が出力される。
 ウ 生物の進化を模倣した方法であり、与えられた
   問題の解の候補を記号列で表現して、それを
   遺伝子に見立てて突然変異、交配、とう汰を
   繰り返して逐次的により良い解に近づける。
 エ 物質の結晶ができる物理現象を模倣した方法で
   あり、温度に見立てたパラメタを制御して、大ざっぱ
   な解の候補から厳密な解の候補に変化させる。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 17:17| Comment(0) | H30春応用情報技術者

2018年04月20日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−20

T−20
仮想化技術が商用データセンタのネットワークに与える影響又はその対策に
関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

 @ 単一のレイヤ2ネットワークに収容される仮想サーバの数が増加し、
   レイヤ2スイッチのMACアドレステーブルサイズが不足する可能性がある。
 A 単一のレイヤ2ネットワークに収容される仮想NICの数が増加し、
   レイヤ2スイッチのMACアドレステーブルサイズが不足する可能性がある。
 B テナント (データセンタの契約者) 数やサーバ台数が増加し、タグVLAN
   (IEEE802.1Q) のIDが不足する可能性がある。
 C 大規模なレイヤ2ネットワークにおいて、用途別に異なるVLANにサーバを
   収容し、フラッディングの範囲を限定することが可能である。
 D 大規模なレイヤ2ネットワークにおいて、STP (Spanning Tree Protocol) を
   適用し、複数の経路を同時に利用することが可能である。




続きを読む
タグ:仮想化
posted by ファーストマクロ at 08:39| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月19日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−19

T−19
次のうち、サブギガ帯 (920MHz帯など) を使用し、300ビット/秒〜
50Kビット/秒での利用が可能な、IoT向け特定小電力無線の
通信技術として最も適切なものはどれか。

 @ BLE (Bluetooth Low Energy)
 A LoRa
 B NB-IoT
 C SIGFOX
 D WiMAX




続きを読む
タグ:iot
posted by ファーストマクロ at 21:19| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月18日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−18

T−18
SOC (Security Operation Center) に関する次の記述のうち、最も不適切な
ものはどれか。

 @ SOCは、企業などにおいて情報システムへの脅威の監視や分析などを
   行う、役割や専門組織を意味する。
 A SOCとCSIRT (Computer Security Incident Response Team) の
   違いは、CSIRTの方が脅威となるインシデントの検知に重点を置いている
   点である。
 B SOCは、発生したインシデントの影響範囲を調べたり、あらかじめ想定
   されたリスクや指標に基づいて、インシデントを評価したりすることもある。
 C SOCは、情報セキュリティの脅威を分析する高い専門性が要求されるため、
   外部に委託される場合がある。
 D SOCが定常的に監視する範囲には、セキュリティ機器以外にもネットワーク
   機器や端末のログなどが含まれる。




続きを読む
posted by ファーストマクロ at 08:34| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月17日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−17

T−17
次のうち、アメリカ国立標準技術研究所 (NIST) が定義するクラウドコンピュー
ティングの説明として最も適切なものはどれか。

 @ コミュニティクラウドは、4つのサービスモデルの1つである。
 A IaaS (Infrastructure as a Service) モデルでは、ユーザはオペレーティング
  システムの管理や操作に意識を払う必要がない。
 B MaaS (Module as a Service) はクラウドを使って分散処理を提供する
   サービスモデルである。
 C PaaS (Platform as a Service) は、パブリッククラウド向けのアプリケーション
   を開発するための環境をプライベートクラウド上で提供するサービスモデルである。
 D SaaS (Software as a Service) では、クラウドのインフラストラクチャ上で稼働
   しているプロバイダのアプリケーションが利用者に提供される。



続きを読む
タグ:クラウド
posted by ファーストマクロ at 23:50| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月16日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−16

T−16
NAT (IP Network Address Translator) に関する次の記述のうち、
最も適切なものはどれか。

 @ NAPT (Network Address Port Translator) と呼ばれるNATは、
   行きと戻りのIPパケットの送信元ポート番号も置き換える。
 A 企業がグローバルアドレス節約のためにNAPTを導入する場合、
   NAPTは1つのプライベートアドレスを複数のグローバルアドレスに
   紐付ける。
 B IPv6のユニークローカルアドレスは、グローバルインターネット内で
   ルーティング可能なので、NATを必要としない。
 C コネクションレス型の通信の場合でも、一般的に、NATは内部に
   マッピングテーブルを持つ。
 D STUN (Session Traversal Utilities for NAT) は, NATセキュリティ
   強度を高めるための通信プロトコルである。




続きを読む
タグ:NAT
posted by ファーストマクロ at 23:43| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月15日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−15

T−15
次のUMLで作成されたクラス図は、デザインパターンのコンポジットパターンを
応用した会社の管理構成を示している。
ここで社員は抽象クラスとする。次のうち、これをもとにして作成したオブジェクト図
(インスタンス図) として最も適切なものはどれか。

技術士 情報工学部門 T−15



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:10| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月14日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−14

T−14
世界標準のシステムズエンジニアリング・ライフサイクル・プロセス
(ISO/IEC/IEEE 15288) と、それに準拠したシステム・アーキテクチャ
記述標準 (ISO/IEC/IEEE 42010) に従うと、発注者等から入手した
情報をもとに、システム設計者はコンテキスト分析を行う。
これにより、コンサーン (concern) が明らかになり、その後検討する
システム・アーキテクチャに重要な影響を及ぼす。
次のうち、この理由として最も適切なものはどれか。

 @ 明らかになったコンサーンにより、システム・アーキテクチャを
   表現するview群と、その際の構造や表現変換方法などの
   viewpoint群が特定されるから。
 A 開発コストと運用コストの比率が特定できるから。
 B コンテキスト図 (Context Diagram) の精度を左右するから。
 C システム検証 (Verification) と妥当性確認 (Validation) の
   項目上で必ず表現されるから。
 D ユースケース図を作成する際の、アクターのロールに展開されるから。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:10| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月13日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−13

T−13
チューリングマシンのシミュレータにおいて、オートマトンとテープが与えられている。
これを実行して停止状態になったときのテープの値として、最も適切なものは
どれか。ここで、文字 b は空白を、状態 h は停止を意味し、最初のへッド位置と
内部状態は図に示すとおりとする。

[オートマトン]

┌─────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│ 現在の │ 現在の │ テープに │  次の  │  移動  │
│ 内部状態 │テープの値│ 書込む値 │ 内部状態 │  方向  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  0  │  b  │  1  │  1  │  R  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  0  │  0  │  1  │  1  │  R  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  0  │  1  │  0  │  0  │  L  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  1  │  b  │  b  │  h  │  L  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  1  │  0  │  0  │  1  │  R  │
├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│  1  │  1  │  1  │  1  │  R  │
└─────┴─────┴─────┴─────┴─────┘

[テープ]

 ┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
 │b│b│b│1│1│1│1│b│b│
 └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
              △
             ┌─┐
             │0│
             └─┘
             ヘッド

 @ b b b 0 0 0 0 b b
 A b b b 1 1 1 0 b b
 B b b b 0 1 1 1 b b
 C b b 1 0 0 0 0 b b
 D b b 1 1 1 1 0 b b



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 08:32| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月12日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−12

T−12
次のデータモデルで、左のモデル中の表「科−講−教」を右のように、
表「科−教」と表「科−講」に情報無損失分解した。次のうち、分解前の
「科−講−教」に認識された関数の制約として最も適切なものはどれか。
ここで、「科−講−教」はBCNF (Boyce-Codd normal form) である。
また、モデル表記にはUMLを用いる。

技術士 情報工学部門 T−12

 @ 3項関連  A 関数従属  B 結合従属  
 C 参照制約  D 多値従属



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 08:36| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)

2018年04月11日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−11

T−11
ある情報システムのテスト工程の実績を測定したところ、障害発生率は
0.1件/時間、障害対応の効率は0.25件/時間である。
この工程における情報システムの稼働率に近い値はどれか。

 @ 0.268  A 0.429  B 0.714  C 0.800  D 0.833


続きを読む
タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 20:30| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)