2018年04月02日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−3

T−3
FPGA (Field Programmable Gate Array) に関する次の記述のうち、
最も不適切なものはどれか。

 @ 論理ブロックの実現方式の1つにマルチプレクサ方式がある。
 A I/OブロックはI/Oピンと内部の配線要素を接続する。
 B コンフィギュレーションメモリによって論理関数が決められる。
 C マスクデータを作成することで論理ブロック間の任意の配線を実現する。
 D FPGAが採用するプロセス技術は一般のASICより微細化が進んでいる。




続きを読む
タグ:FPGA
posted by ファーストマクロ at 20:02| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)