2018年04月06日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−6

T−6
ISO/IEC 9126-1は、ソフトウェアの品質特性の全体をどのようなフレームで
整理したらよいかについて体系化したものである。ここで与えている6つの
品質特性のうちの機能性 (functionality) について、次のうち、
下位項目 (品質副特性) として最も不適切なものはどれか。

 @ 適切性(suitability):ソフトウェアが適用される業務・作業の目的に
   応じた適切な機能を提供すること。
 A 正確性 (accuracy):機能が正しく満足できる結果・効果を表すこと。
 B 相互運用性 (interoperability):システムの他の部分 (人を含む) と
   うまく相互作用できること。
 C 操作性 (operability):ユーザインタフェースが扱いやすいこと。
   及び、利用者組織によるソフトウェアの運用管理がしやすいこと (運用性)。
 D 適合性 (compliance):果たす機能が法規や規格を遵守していること。



続きを読む
タグ:品質特性
posted by ファーストマクロ at 10:05| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)