2018年04月12日

平成29年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−12

T−12
次のデータモデルで、左のモデル中の表「科−講−教」を右のように、
表「科−教」と表「科−講」に情報無損失分解した。次のうち、分解前の
「科−講−教」に認識された関数の制約として最も適切なものはどれか。
ここで、「科−講−教」はBCNF (Boyce-Codd normal form) である。
また、モデル表記にはUMLを用いる。

技術士 情報工学部門 T−12

 @ 3項関連  A 関数従属  B 結合従属  
 C 参照制約  D 多値従属



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:36| Comment(0) | H29技術士二次試験(情報工学)