2018年08月31日

1年後の日付けを求める関数


1年後の日付や、Nか月後の日付を求める関数を紹介します。
=EDATE() 関数です。

2020年2月29日のような、うるう年にも対応できます。

@A1のセルに今日の日付を入れます。
AB1のセルに
 
=EDATE(A1,12)
 と入力します。
 ※意味はA1のセルの日付に12ヶ月を加えた日を求めるということです。
   3ヵ月後の日付を求めるには、
=EDATE(A1,3) と入力します。
BB1のセルの書式を日付にしてください。

 1年後の日付けを求める関数


※セルの書式を日付にするには、リボンの『
ホーム』→『書式』を選んで
 『
セルの書式設定(E)』を選択するか、
 対象のセル(今回の場合はB1)を選択し、マウスの右ボタンをクリックして、
 『
セルの書式設定(F)』を選択します。
 1年後の日付けを求める関数

 『
表示形式』タブの『分類(C)』の中か『「日付』を選択します。
1年後の日付けを求める関数



WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:EDATE
posted by ファーストマクロ at 00:10| Comment(0) | EXCEL Tips