2018年10月01日

平成30年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−1

T−1
マルチプロセッサシステムにおけるSMP (対称型)、AMP
(非対称型) の特徴に関する次の記述のうち、最も適切な
ものはどれか。

 @ AMPでマスター・スレーブ制御を用いる設計をした。
 A AMPの各プロセッサは同一アーキテクチャにしなくてはならない。
 B AMPやSMPのマルチプロセッサは、共有メモリの値を自由に
   更新できる。
 C SMPではどのタスクがどのプロセッサで実行されるべきか意識
   する必要がある。
 D SMPは、プログラミング上はAMPと同一のシステムである。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 00:10| Comment(0) | H30技術士二次試験(情報工学)