2018年10月07日

平成30年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−7

T−7
ソフトウェア要求仕様書 (以下、要求仕様書という) の記述のガイドラインとして
の IEEE Std 830−1998で示される品質特性がある。その中で、「変更
容易性 (Modifiable)」 を確保する方法に関する次の記述のうち、最も適切な
ものはどれか。  

 @ どうやって作るか (How) を明確にし、要求の変化への対応を容易にする。
 A 機能の抜け漏れがないように、必要な要求をすべて要求仕様書に記述する。
 B 制約条件全てを満たす状況が存在するか否かを確認する。
 C 要求が互いに依存しないように、各要求を独立・分離して表現する。
 D 要求仕様書で利用する用語は、用語集を作成することで、その使い方に
   一貫性を持たせる。



続きを読む
タグ:品質特性
posted by ファーストマクロ at 00:08| Comment(0) | H30技術士二次試験(情報工学)