2018年11月01日

平成30年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−11

V−11
プロセッサのアーキテクチャに関する次の記述のうち、最も適切な
ものはどれか。

 @ 1ステージがPナノ秒で実行されるステージ数Dのパイプラインにおいて、N個の命令の
   実行が完了する最短時間は、N×P/Dナノ秒である。
 A VLIWでは、複数個の命令が同時に実行されるが、命令の実行中に命令間の
   依存関係をプロセッサが検知した場合には、命令の実行が中断される。
 B パイプラインにおける構造ハザードとは、プログラムにある条件分岐が原因となり
   ストールする現象である。
 C 複数個のパイプラインをプロセッサに備えることにより、パイプラインハザードを回避
   する高速化技術をスーパースカラという。
 D 命令実行の各ステージを細かく分割することにより、パイプラインの動作効率を
   向上させる高速化技術をスーパーパイプラインという。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 21:32| Comment(0) | H30技術士一次試験(情報工学)