2018年11月04日

平成30年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−14

V−14
シグモイド関数 f(X) = 1/(1+e-X) の記述のうち、最も適切な
ものはどれか。

 @ X=−1のとき、値は0である。
 A X=0のとき、Xについての第2次導関数の値は1である。
 B X=0のとき、値はおよそ0.1である。
 C Xの絶対値が5のとき、値はおよそ0.99である。
 D 接線の傾きは、X=0において最大となる。



続きを読む
posted by ファーストマクロ at 09:24| Comment(0) | H30技術士一次試験(情報工学)