2019年01月08日

平成30年度秋期 応用情報技術者試験問題 問49

問49
プログラムの誤りの一つに、繰返し処理の終了条件としてA≧a とすべきところを
A>a とコーディングしたことに起因するものがある。このような誤りを見つけ出す
ために有効なテストケース設計技法はどれか。ここで、Aは変数、a は定数とする。

 ア 限界値分析
 イ 条件網羅
 ウ 同値分割
 エ 分岐網羅



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:33| Comment(0) | H30秋応用情報技術者