2019年03月11日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問31

問31
1.5Mビット/秒の伝送路を用いて12Mバイトのデータを転送するのに
必要な伝送時間は何秒か。ここで、伝送路の伝送効率を50%とする。

 ア 16  イ 32  ウ 64  エ 128



答えはこちら
タグ:伝送時間
posted by ファーストマクロ at 20:30| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月10日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問30

問30
データベースが格納されている記憶媒体に故障が発生した場合、バック
アップファイルとログを用いてデータベースを回復する操作はどれか。

 ア アーカイブ
 イ コミット
 ウ チェックポイントダンプ
 エ ロールフォワード



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:19| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月09日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問29

問29
ロックの粒度に関する説明のうち、適切なものはどれか。

 ア データを更新するときに、粒度を大きくすると、他のトランザクション
   の待ちが多くなり、全体のスループットが低下する。
 イ 同一のデータを更新するトランザクション数が多いときに、粒度を
   大きくすると、同時実行できるトランザクション数が増える。
 ウ 表の全データを参照するときに、粒度を大きくすると、他のトランザ
   クションのデータ参照を妨げないようにできる。
 エ 粒度を大きくすると、含まれるデータ数が多くなるので、一つのトラン
   ザクションでかけるロックの個数が多くなる。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:52| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月08日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問28

問28
関係XとYを自然結合した後、関係Zを得る関係代数演算はどれか。

 X            Y         Z
┌──┬────┬───┐┌───┬────┐┌────┬──┬────┐
│学生│ 氏名 │ 学部 ││ 学生 │ 学部名 ││ 学部名 │学生│ 氏名 │
│番号│    │コード││コード│    ││    │番号│    │
┝━━┿━━━━┿━━━┥┝━━━┿━━━━┥┝━━━━┿━━┿━━━━┥
│ 1 │山田太郎│ A ││ A │工学部 ││情報学部│ 2 │情報一郎│
├──┼────┼───┤├───┼────┤├────┼──┼────┤
│ 2 │情報一郎│ B ││ B │情報学部││情報学部│ 4 │技術五郎│
├──┼────┼───┤├───┼────┤└────┴──┴────┘
│ 3 │鈴木花子│ A ││ C │文学部 │
├──┼────┼───┤└───┴────┘
│ 4 │技術五郎│ B │
├──┼────┼───┤
│ 5 │小林次郎│ A │
├──┼────┼───┤
│ 6 │試験桃子│ A │
└──┴────┴───┘

 ア 射影と選択
 イ 射影と和
 ウ 選択
 エ 選択と和



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:28| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月07日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問27

問27
データ項目の命名規約を設ける場合、次の命名規約だけでは回避できない
事象はどれか。

 〔命名規約〕
 (1) データ項目名の末尾には必ず“名”、“コード”、“数”、“金額”、“年月日”
   などの区分語を付与し、区分語ごとに定めたデータ型にする。
 (2) データ項目名と意味を登録した辞書を作成し、異音同義語や同音異義
   語が発生しないようにする。

 ア データ項目“受信年月日”のデータ型として、日付型と文字列型が混在する。
 イ データ項目“受注金額”の取り得る値の範囲がテーブルによって異なる。
 ウ データ項目“賞与金額”と同じ意味で“ボーナス金額”というデータ項目がある。
 エ データ項目“取引先”が、“取引先コード” か “取引先名”か、判別できない。



答えはこちら
タグ:命名規約
posted by ファーストマクロ at 00:11| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月06日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問26

問26
UMLを用いて表した図のデータモデルのa、bに入れる多重度はどれか。

 〔条件〕
 (1) 部門には1人以上の社員が所属する。
 (2) 社員はいずれか一つの部門に所属する。
 (3) 社員が部門に所属した履歴を所属履歴として記録する。

 ┌─────┐     ┌─────┐     ┌─────┐
 │  部門  │     │ 所属履歴 │     │  社員  │
 ├─────┤1  a ├─────┤ b  1├─────┤
 │部門コード├─────┤開始日  ├─────┤社員コード│
 │部門名  │     │終了日  │     │氏名   │
 │:    │     │:    │     │:    │
 └─────┘     └─────┘     └─────┘
   ┌──────┬──────┐
   │   a   │   b   │
 ┌─┼──────┼──────┤
 │ア│ 0..* │ 0..* │
 ├─┼──────┼──────┤
 │イ│ 0..* │ 1..* │
 ├─┼──────┼──────┤
 │ウ│ 1..* │ 0..* │
 ├─┼──────┼──────┤
 │エ│ 1..* │ 1..* │
 └─┴──────┴──────┘




答えはこちら
タグ:UML
posted by ファーストマクロ at 21:13| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月05日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問25

問25
液晶ディスプレイなどの表示装置において、傾いた直線の境界を滑らかに
表示する手法はどれか。

 ア アンチエイリアシング
 イ シェーディング
 ウ テクスチャマッピング
 エ バンプマッピング



答えはこちら
タグ:表示手法
posted by ファーストマクロ at 19:00| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月04日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問24

問24
列車の予約システムにおいて、人間とコンピュータが音声だけで次のような
やり取りを行う。この場合に用いられるインタフェースの種類はどれか。

 〔凡例〕
  P:人間
  C:コンピュータ

P “5月28日の名古屋駅から東京駅までをお願いします。
C “ご乗車人数をどうぞ。
P “大人2名でお願いします。”
C “ご希望の発車時刻をどうぞ。”
P “午前9時頃を希望します。”
C “午前9時3分発、午前10時43分着の列車ではいかがでしょうか。”
P “それでお願いします。”
C “確認します。大人2名で、5月28日の名古屋駅午前9時3分発、
   東京駅午前10時43分着の列車でよろしいでしょうか。”
P “はい。”

 ア 感性インタフェース
 イ 自然言語インタフェース
 ウ ノンバーバルインタフェース
 エ マルチモーダルインタフェース



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:53| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月03日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問23

問23
二次電池 (充電式電池) はどれか。

 ア アルカリマンガン乾電池
 イ 酸化銀電池
 ウ 燃料電池
 エ リチウムイオン電池



答えはこちら
タグ:二次電池
posted by ファーストマクロ at 09:15| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月02日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問22

問22
2入力NAND素子を用いて4入力NAND回路を構成したものはどれか。

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問22



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:14| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年03月01日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問21

問21
DRAMの説明として、適切なものはどれか。

 ア 1バイト単位でデータの消去及び書込みが可能な不揮発性のメモリであり、
   電源遮断時もデータ保持が必要な用途に用いられる。
 イ 不揮発性のメモリでNAND型又はNOR型があり、SSDに用いられる。
 ウ メモリセルはフリップフロップで構成され、キャッシュメモリに用いられる。
 エ リフレッシュ動作が必要なメモリであり、PCの主記憶として用いられる。



答えはこちら
タグ:DRAM
posted by ファーストマクロ at 20:28| Comment(0) | H30秋基本情報技術者