2019年04月10日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問60

問60
我が国の証券取引所に上場している企業において、内部統制の整備及び
運用に最終的な責任を負っている者は誰か。

 ア 株主  イ 監査役  ウ 業務担当者  エ 経営者



答えはこちら
タグ:内部統制
posted by ファーストマクロ at 20:07| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月09日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問59

問59
外部保管のために専門業者に機密情報を含むバックアップ媒体を引き渡す
際の安全性について、情報セキュリティ監査を実施した。その結果として判明
した状況のうち、監査人が指摘事項として監査報告書に記載すべきものは
どれか。

 ア 委託元責任者が、一定期間ごとに、専門業者における媒体保管状況を
   確認する契約を結んだ上で引き渡している。
 イ 委託元責任者が、専門業者との間で機密保持条項を盛り込んだ業務
   委託契約を結んだ上で引き渡している。
 ウ 委託元担当者が、専用の記録簿に、引渡しの都度、日付と内容を記入し、
   専門業者から受領印をもらっている。
 エ 委託元担当者が、バックアップ媒体を段ボール箱に入れ、それを専門業者に
   引き渡している。



答えはこちら
タグ:監査報告書
posted by ファーストマクロ at 21:17| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月08日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問58

問58
JIS Q 27001:2014 (情報セキュリティマネジメントシステム−要求事項) に
基づいて ISMS内部監査を行った結果として判明した状況のうち、監査人が
指摘事項として監査報告書に記載すべきものはどれか。

 ア USBメモリの使用を、定められた手順に従って許可していた。
 イ 個人情報の誤廃棄事故を主務官庁などに、規定されたとおりに報告していた。
 ウ マルウェアスキャンでスパイウェアが検知され、駆除されていた。
 エ リスクアセスメントを実施した後に、リスク受容基準を決めた。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:08| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月07日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問57

問57
次の条件でITサービスを提供している。SLAを満たすことができる、1か月の
サービス時間帯中の停止時間は最大何時間か。ここで、1か月の営業日数は
30日とし、サービス時間帯中は、保守などのサービス計画停止は行わないもの
とする。

 〔SLAの条件〕
  ・サービス時間帯は、営業日の午前8時から午後10時までとする。
  ・可用性を99.5%以上とする。

 ア 0.3  イ 2.1  ウ 3.0  エ 3.6



答えはこちら
タグ:SLA
posted by ファーストマクロ at 09:20| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月06日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問56

問56
システム障害が発生したときにシステムを初期状態に戻して再開する方法で
あり、更新前コピー又は更新後コピーの前処理を伴わないシステム開始のこと
であって、初期プログラムロードとも呼ばれるものはどれか。

 ア ウォームスタート
 イ コールドスタート
 ウ ロールバック
 エ ロールフォワード



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 11:06| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月05日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問55

問55
キャパシティ管理における将来のコンポーネント、並びにサービスの容量・能力
及びパフォーマンスを予想する活動のうち、傾向分析はどれか。

 ア 特定の資源の利用状況を時系列に把握して、将来における利用の変化を
   予測する。
 イ 待ち行列理論などの数学的技法を利用して、サービスの応答時間及び
   スループットを予測する。
 ウ 模擬的にトランザクションを発生させて、サービスの応答時間及びスループットを
   予測する。
 エ モデル化の第一段階として、現在達成されているパフォーマンスを正確に反映
   したモデルを作成する。



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月04日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問54

問54
ある新規システムの機能規模を見積もったところ、500FP (ファンクションポイント)で
あった。このシステムを構築するプロジェクトには、開発工数のほかに、システム導入と
開発者教育の工数が、合計で10人月必要である。また、プロジェクト管理に、開発
と導入・教育を合わせた工数の10%を要する。このプロジェクトに要する全工数は
何人月か。ここで、開発の生産性は1人月当たり 10FPとする。

 ア 51  イ 60  ウ 65  エ 66



答えはこちら
タグ:開発工数
posted by ファーストマクロ at 19:50| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月03日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問53

問53
表は、1人で行うプログラム開発の開始時点での計画表である。6月1日に
開発を開始し、6月11日の終了時点でコーディング作業の25%が終了した。
6月11日の終了時点で残っている作業量は全体の約何%か。ここで、
開発は、土曜日と日曜日を除く週5日間で行うものとする。

 ┌────────┬────────┬───────┐
 │   作業   │計画作業量(人日)│ 完了予定日 │
 ├────────┼────────┼───────┤
 │仕様書作成   │       2│6月 2日(火)│
 ├────────┼────────┼───────┤
 │プログラム設計 │       5│6月 9日(火)│
 ├────────┼────────┼───────┤
 │テスト計画書作成│       1│6月10日(水)│
 ├────────┼────────┼───────┤
 │コーディング  │       4│6月16日(火)│
 ├────────┼────────┼───────┤
 │コンパイル   │       2│6月18日(木)│
 ├────────┼────────┼───────┤
 │テスト     │       3│6月23日(火)│
 └────────┴────────┴───────┘

 ア 30  イ 47  ウ 52  エ 53



答えはこちら
タグ:作業量
posted by ファーストマクロ at 19:48| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月02日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問52

問52
図のプロジェクトの日程計画において、プロジェクトの所要日数は何日か。

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問52

 ア 40  イ 45  ウ 50  エ 55



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:51| Comment(0) | H30秋基本情報技術者

2019年04月01日

平成30年度秋期 基本情報技術者試験問題 問51

問51
ソフトウェア開発プロジェクトにおいてWBS (Work Breakdown Structure) を
使用する目的として、適切なものはどれか。

 ア 開発の期間と費用がトレードオフの関係にある場合に、総費用の最適化を図る。
 イ 作業の順序関係を明確にして、重点管理すべきクリティカルパスを把握する。
 ウ 作業の日程を横棒 (バー) で表して、作業の開始時点や終了時点、現時点の
   進捗を明確にする。
 エ 作業を階層的に詳細化して、管理可能な大きさに細分化する。



答えはこちら
タグ:wbs
posted by ファーストマクロ at 20:36| Comment(0) | H30秋基本情報技術者