2019年05月11日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問11

問11

ZigBeeの説明として、適切なものはどれか。 

ア 携帯電話などのモバイル端末とヘッドセットなどの周辺機器とを接続するための近距離無線通信として使われる。

イ 赤外線を利用して実現される無線通信であり、テレビ、エアコンなどのリモコンに使われる。

ウ 低消費電力で低速の通信を行い、センサネットワークなどに使われる。

エ 連絡用、業務用などに利用される小型の携帯型トランシーバに使われる。




答えはこちら
タグ:無線通信
posted by ファーストマクロ at 08:08| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月10日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問10

問10

バス幅が16ビット、メモリサイクルタイムが80ナノ秒で連続して動作できるメモリがある。このメモリのデータ転送速度は何Mバイト/秒か。ここで、Mは106を表す。 

ア 12.5  イ 25  ウ 160  エ 200




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:20| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月09日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問9

問9

同一メモリ上で転送するとき、転送元の開始アドレス、転送先の開始アドレス、方向フラグ及び転送語数をパラメタとして指定することによってブロック転送ができるCPUがある。図のようにアドレス 1001 から 1004 の内容をアドレス 1003 から 1006 に転送するとき、パラメタとして適切なものはどれか。ここで、転送は開始アドレスから1語ずつ行われ、方向フラグに 0 を指定するとアドレスの昇順に、1 を指定するとアドレスの降順に転送を行うものとする。
平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問9

  ┌──────┬──────┬───┬──┐
  │転送元の  │転送先の  │方向 │転送│
  │開始アドレス│開始アドレス│フラグ│語数│
┌─┼──────┼──────┼───┼──┤
│ア│ 1001 │ 1003 │ 0 │ 4 │
├─┼──────┼──────┼───┼──┤
│イ│ 1001 │ 1003 │ 1 │ 4 │
├─┼──────┼──────┼───┼──┤
│ウ│ 1004 │ 1006 │ 0 │ 4 │
├─┼──────┼──────┼───┼──┤
│エ│ 1004 │ 1006 │ 1 │ 4 │
└─┴──────┴──────┴───┴──┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:03| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月08日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問8

問8

スーパスカラの説明として、適切なものはどれか。

ア 一つのチップ内に複数のプロセッサコアを実装し、複数のスレッドを並列に実行する。

イ 一つのプロセッサコアで複数のスレッドを切り替えて並列に実行する。

ウ 一つの命令で、複数の異なるデータに対する演算を、複数の演算器を用いて並列に実行する。

エ 並列実行可能な複数の命令を、複数の演算器に振り分けることによって並列に実行する。






答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:56| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月07日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問7

問7

JavaScript の言語仕様のうち、オブジェクトの表記法などの一部の仕様を基にして規定したものであって、“名前と値の組みの集まり”と“値の順序付きリスト”の二つの構造に基づいてオブジェクトを表現する、データ記述の仕様はどれか。  

ア DOM

イ JSON

ウ SOAP

エ XML



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:04| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月06日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問6

問6

次の手順はシェルソートによる整列を示している。データ列7、2、8、3、1、9、4、5、6を手順(1)〜(4) に従って整列するとき、手順 (3) を何回繰り返して完了するか。ここで、[ ] は小数点以下を切り捨てた結果を表す。

〔手順〕
 (1) “H←[データ数÷3]”とする。
 (2) データ列を、互いにH要素分だけ離れた要素の集まりからなる部分列とし、それぞれの部分列を、
   挿入法を用いて整列する。
 (3) “H←[H÷3]”とする。
 (4) Hが0であればデータ列の整列は完了し、0でなければ (2) にもどる。

ア 2  イ 3  ウ 4  エ 5



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:42| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月05日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問5

問5

要求に応じて可変量のメモリを割り当てるメモリ管理方式がある。要求量以上の大きさをもつ空き領域のうちで最小のものを割り当てる最適適合 (best-fit) アルゴリズムを用いる場合、空き領域を管理するためのデータ構造として、メモリ割当て時の平均処理時間が最も短いものはどれか。

ア 空き領域のアドレスをキーとする2分探索木

イ 空き領域の大きさが小さい順の片方向連結リスト

ウ 空き領域の大きさをキーとする2分探索木

エ アドレスに対応したビットマップ



答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:53| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月04日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問4

問4

家庭用ゲーム機に採用され、自動車の先端運転支援システムにも使われる距離画像センサの一つである、TOF (Time of Flight) 方式のセンサの説明として、適切なものはどれか。

ア 光源から射出されたレーザなどの光が、対象物に反射してセンサに届くまでの時間を利用して距離を測定する。

イ ステレオカメラによって、三角測量の原理を利用して距離を測定する。

ウ 単眼カメラによって、道路の幅や車線は無限遠の地平線で一点に収束するという遠近法の原理を利用して距離を測定する。

エ 複数の衛星からの電波を受け取り、電波に含まれる情報から発信と受信の時刻差を求め、電波の伝播速度をかけることによって、各衛星との距離を割り出し、それを基に緯度及び経度を特定する。



答えはこちら
タグ:TOF方式
posted by ファーストマクロ at 07:37| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月03日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問3

問3

AIにおけるディープラーニングに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア あるデータから結果を求める処理を、人間の脳神経回路のように多層の処理を 重ねることによって、複雑な判断をできるようにする。

イ 大量のデータからまだ知られていない新たな規則や仮説を発見するために、想定値から大きく外れている例外事項を取り除きながら分析を繰り返す手法である。

ウ 多様なデータや大量のデータに対して、三段論法,、統計的手法やパターン認識手法を組み合わせることによって、高度なデータ分析を行う手法である。

エ 知識がルールに従って表現されており、演繹手法を利用した推論によって有意な結論を導く手法である。



答えはこちら
タグ:AI
posted by ファーストマクロ at 07:45| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月02日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問2

問2

桁落ちによる誤差の説明として、適切なものはどれか。

ア 値がほぼ等しい二つの数値の差を求めたとき、有効桁数が減ることによって発生する誤差

イ 指定された有効桁数で演算結果を表すために、切捨て、切上げ、四捨五入などで下位の桁を削除することによって発生する誤差

ウ 絶対値の非常に大きな数値と小さな数値の加算や減算を行ったとき、小さい数値が計算結果に反映されないことによって発生する誤差

エ 無限級数で表される数値の計算処理を有限項で打ち切ったことによって発生する誤差



答えはこちら
タグ:桁落ち
posted by ファーストマクロ at 07:53| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年05月01日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問1

問1

0以上255以下の整数 n に対して、

 next (n) = n +1 ( 0 ≦ n < 255 )、0 (n = 255)

と定義する。 next (n) と等しい式はどれか。ここで、x AND y 及び x OR y は、それぞれ x と y を2進数表現にして、桁ごとの論理積及び論理和をとったものとする。

ア (n + 1) AND 255

イ (n + 1) AND 256

ウ (n + 1) OR 255

エ (n + 1) OR 256



答えはこちら
タグ:ビット演算
posted by ファーストマクロ at 08:09| Comment(0) | H31春応用情報技術者