2019年06月16日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問46

問46

ソフトウェアの分析・設計技法の特徴のうち、データ中心分析・設計技法の特徴として、最も適切なものはどれか。

ア 機能を詳細化する過程で、モジュールの独立性が高くなるようにプログラムを分割していく。

イ システムの開発後の仕様変更は、データ構造や手続の局所的な変更で対応可能なので、比較的容易に実現できる。

ウ 対象業務領域のモデル化に当たって、情報資源であるデータの構造に着目する。

エ プログラムが最も効率よくアクセスできるようにデータ構造を設計する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:13| Comment(0) | H31春応用情報技術者