2019年07月31日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問10

問10

A〜Dを、主記憶の実効アクセス時間が短い順に並べたものはどれか。

   ┌────────────────┬──────┐
   │     キャッシュメモリ    │  主記憶  │
   ├────┬──────┬────┼──────┤
   │ 有無 │アクセス時間│ヒット率│アクセス時間│
   │    │ (ナノ秒) │ (%) │ (ナノ秒) │
 ┌─┼────┼──────┼────┼──────┤
 │A│ なし │   −   │  −  │  15  │
 ├─┼────┼──────┼────┼──────┤
 │B│ なし │   −   │  −  │  30  │
 ├─┼────┼──────┼────┼──────┤
 │C│ あり │  20  │ 60 │  70  │
 ├─┼────┼──────┼────┼──────┤
 │D│ あり │  10  │ 90 │  80  │
 └─┴────┴──────┴────┴──────┘

ア A、B、C、D

イ A、D、B、C

ウ C、D、A、B

エ D、C、A、B




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:06| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月30日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問9

問9

外部割込みの原因となるものはどれか。

ア ゼロによる除算命令の実行

イ 存在しない命令コードの実行

ウ タイマによる時間経過の通知

エ ページフォールトの発生




答えはこちら
タグ:割込み
posted by ファーストマクロ at 21:29| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月29日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問8

問8

複数のプロセスから同時に呼び出されたときに、互いに干渉することなく並行して動作することができるプログラムの性質を表すものはどれか。

ア リエントラント

イ リカーシブ

ウ リユーザブル

エ リロケータブル




答えはこちら
タグ:再入可能
posted by ファーストマクロ at 20:56| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月28日

ある特定商品の数量を合計する

例えば次のような表があったとします。
ある特定商品の数量を合計する
商品A,商品B,商品Cのそれぞれの数量の合計を求めるときはそれぞれ、次のように入力します。






答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:50| Comment(0) | EXCEL Tips

2019年07月27日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問7

問7

次の流れ図は、2数A、Bの最大公約数を求めるユークリッドの互除法を、引き算の繰返しによって計算するものである。Aが876、Bが204のとき、何回の比較で処理は終了するか。
平成31年度春期 基本情報技術者試験問題

ア 4  イ 9  ウ 10  エ 11




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:16| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月26日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問6

問6

三つのスタックA、B、Cのいずれの初期状態も [1、2、3] であるとき、再帰的に定義された関数 f()を呼び出して終了した後のBの状態はどれか。ここで、スタックが [a1、a2、...、an-1] の状態のときにanをpushした後のスタックの状態は [a1、a2、...、an-1、an]で表す。

f(){
  Aが空ならば{
    何もしない。
  }
  そうでない場合{
    Aからpopした値をCにpushする。
    f()を呼び出す。
    Cからpopした値をBにpushする。
  }

ア [1、2、3、1、2、3]

イ [1、2、3、3、2、1]

ウ [3、2、1、1、2、3]

エ [3、2、1、3、2、1]




答えはこちら
タグ:再帰関数
posted by ファーストマクロ at 19:46| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月25日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問5

問5

2分探索木として適切なものはどれか。ここで、数字1〜9は、各ノード (節) の値を表す。
平成31年度春期 基本情報技術者試験問題




答えはこちら
タグ:2分探索木
posted by ファーストマクロ at 19:52| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月24日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問4

問4

機械学習における教師あり学習の説明として、最も適切なものはどれか。

ア 個々の行動に対しての善しあしを得点として与えることによって、得点が最も多く得られるような方策を学習する。

イ コンピュータ利用者の挙動データを蓄積し、挙動データの出現頻度に従って次の挙動を推論する。

ウ 正解のデータを提示したり、データが誤りであることを指摘したりすることによって、未知のデータに対して正誤を得ることを助ける。

エ 正解のデータを提示せずに、統計的性質や、ある種の条件によって入力パターンを判定したり、クラスタリングしたりする。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:46| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月23日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問3

問3

P、Q、Rはいずれも命題である。命題Pの真理値は真であり、命題 (notP) or Q及び命題 (notQ) or Rのいずれの真理値も真であることが分かっている。Q、Rの真理値はどれか。ここで、X or YはXとYの論理和、notXはXの否定を表す。

   ┌───┬───┐
   │ Q │ R │
 ┌─┼───┼───┤
 │ア│ 偽 │ 偽 │
 ├─┼───┼───┤
 │イ│ 偽 │ 真 │
 ├─┼───┼───┤
 │ウ│ 真 │ 偽 │
 ├─┼───┼───┤
 │エ│ 真 │ 真 │
 └─┴───┴───┘




答えはこちら
タグ:真理値
posted by ファーストマクロ at 20:28| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月22日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問2

問2

最上位をパリティビットとする8ビット符号において、パリティビット以外の下位7ビットを得るためのビット演算はどれか。

ア 16進数 0F とのANDをとる。

イ 16進数 0F とのORをとる。

ウ 16進数 7F とのANDをとる。

エ 16進数 FF とのXOR (排他的論理和) をとる。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:45| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月21日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問1

問1

10進数の演算式7÷32の結果を2進数で表したものはどれか。

ア 0.001011

イ 0.001101

ウ 0.00111

エ 0.0111




答えはこちら
タグ:2進数
posted by ファーストマクロ at 09:39| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年07月20日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問80

問80

技術者倫理の観点から、職務遂行において技術者が優先すべきこととして、最も適切なものはどれか。

ア 会社の利益

イ 公衆の安全

ウ 技術者個人の名誉

エ コストの低減




答えはこちら
タグ:技術者倫理
posted by ファーストマクロ at 08:41| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月19日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問79

問79

ソフトウェア開発を下請事業者に委託する場合、下請代金支払遅延等防止法に照らして、禁止されている行為はどれか。

ア 継続的な取引が行われているので、支払条件、支払期日などを記載した書面をあらかじめ交付し、個々の発注書面にはその事項の記載を省略する。

イ 顧客の求める仕様が確定していなかったので、発注の際に、下請事業者に仕様が未記載の書面を交付し、仕様が確定した時点では、内容を書面ではなく口頭で伝えた。

ウ 顧客の都合で、仕様変更の必要が生じたので、下請事業者と協議の上、発生する費用の増加分を下請代金に加算することで仕様変更に応じてもらう。

エ 振込手数料を下請事業者が負担する旨を発注前に書面で合意したので、親事業者が負担した実費の範囲内で振込手数料を差し引いて下請代金を支払う。




答えはこちら
タグ:下請法
posted by ファーストマクロ at 19:59| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月18日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問78

問78

個人情報のうち、個人情報保護法における要配慮個人情報に該当するものはどれか。

ア 個人情報の取得中に、本人が取扱いの配慮を申告することによって設定される情報

イ 個人に割り当てられた、運転免許証、クレジットカードなどの番号

ウ 生存する個人に関する、個人を特定するために用いられる勤務先や住所などの情報

エ 本人の病歴、犯罪の経歴など不当な差別や不利益を生じさせるおそれのある情報




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:28| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月17日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問77

問77

図に示す標準原価計算の手続きについて、a〜c に該当する適切な組合せはどれか。

    ┌───────┐
    │原価標準の設定│
    └───┬───┘
        ↓
    ┌───────┐
    │標準原価の計算│
    └───┬───┘
        ↓
    ┌───────┐
    │   a   │
    └───┬───┘
        ↓
    ┌───────┐
    │   b   │
    └───┬───┘
        ↓
    ┌───────┐
    │   c   │
    └───┬───┘
        ↓
    ┌───────┐
    │  原価報告  │
    └───────┘

┌─┬─────────┬─────────┬─────────┐
│ │    a    │    b    │    c    │
├─┼─────────┼─────────┼─────────┤
│ア│実際原価の計算  │原価差異分析   │標準原価差額の計算│
├─┼─────────┼─────────┼─────────┤
│イ│実際原価の計算  │標準原価差額の計算│原価差異分析   │
├─┼─────────┼─────────┼─────────┤
│ウ│標準原価差額の計算│原価差異分析   │実際原価の計算  │
├─┼─────────┼─────────┼─────────┤
│エ│標準原価差額の計算│実際原価の計算  │原価差異分析   │
└─┴─────────┴─────────┴─────────┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:47| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月16日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問76

問76

表の事業計画案に対して、新規設備投資に伴う減価償却費 (固定費) の増加1,000万円を織り込み、かつ、売上総利益を3,000万円とするようにしたい。変動費率に変化がないとすると、売上高の増加を何万円にすればよいか。

             単位 万円
 ┌─────────┬──────┐
 │売上高      │20、000│
 ├─────┬───┼──────┤
 │     │変動費│10、000│
 │     ├───┼──────┤
 │売上原価 │固定費│ 8、000│
 │     ├───┼──────┤
 │     │計  │18、000│
 ├─────┴───┼──────┤
 │売上総利益    │ 2、000│
 ├─────────┼──────┤
 │    …    │   …  │

ア 2,000  イ 3,000  ウ 4,000  エ 5,000




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:14| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月15日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問75

問75

定量発注方式における経済的発注量を計算したところ、600個であった。発注から納入までの調達期間は5日であり、安全在庫量が30個である場合、この購買品目の発注点は何個か。ここで、1日の平均消費量は50個であるとする。

ア 220  イ 250  ウ 280  エ 330




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 07:02| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月14日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問74

問74

発生した故障について、発生要因ごとの件数の記録を基に、故障発生件数で上位を占める主な要因を明確に表現するのに適している図法はどれか。

ア 特性要因図

イ パレート図

ウ マトリックス図

エ 連関図




答えはこちら
タグ:QC
posted by ファーストマクロ at 09:20| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月13日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問73

問73

SEOの説明はどれか。

ア ECサイトにおいて、個々の顧客の購入履歴を分析し、新たに購入が見込まれる商品を自動的に推奨する機能

イ Webページに掲載した広告が契機となって商品が購入された場合、売主から成功報酬が得られる仕組み

ウ 検索エンジンの検索結果一覧において自社サイトがより上位にランクされるようにWebページの記述内容を見直すなど様々な試みを行うこと

エ 検索エンジンを運営する企業と契約し、自社の商品・サービスと関連したキーワードが検索に用いられた際に広告を表示する仕組み




答えはこちら
タグ:seo
posted by ファーストマクロ at 20:02| Comment(0) | H31春応用情報技術者

2019年07月12日

平成31年度春期 応用情報技術者試験問題 問72

問72

PDM (ProductDataManagement) の目的はどれか。

ア NC工作機械、自動搬送装置、倉庫などを有機的に結合し、コンピュータで集中管理することによって、多品種少量生産に対応できる生産の自動化を実現する。

イ 図面・部品構成データ、仕様書データなどの設計及び開発の段階で発生する情報を一元管理することによって、設計業務及び開発業務の効率を向上させる。

ウ 製品の生産計画に基づいてその生産に必要な資材の所要量を展開し、これを基準にして資材の需要とその発注時期を算出する。

エ 部品の供給から製品の販売までの一連のプロセスの情報をリアルタイムで交換することによって、在庫の削減とリードタイムの短縮を実現する。




答えはこちら
タグ:PDM
posted by ファーストマクロ at 20:33| Comment(0) | H31春応用情報技術者