2019年08月11日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問21

問21

メモリセルにフリップフロップ回路を利用したものはどれか。

ア DRAM

イ EEPROM

ウ SDRAM

エ SRAM




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 10:20| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月10日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問20

問20

OSIによるオープンソースソフトウェアの定義に従うときのオープンソースソフトウェアに対する取扱いとして、適切なものはどれか。

ア ある特定の業界向けに作成されたオープンソースソフトウェアは、ソースコードを公開する範囲をその業界に限定することができる。

イ オープンソースソフトウェアを改変して再配布する場合、元のソフトウェアと同じ配布条件となるように、同じライセンスを適用して配布する必要がある。

ウ オープンソースソフトウェアを第三者が製品として再配布する場合、オープンソースソフトウェアの開発者は第三者に対してライセンス費を請求することができる。

エ 社内での利用などのようにオープンソースソフトウェアを改変しても再配布しない場合、改変部分のソースコードを公開しなくてもよい。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 14:18| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月09日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問19

問19

インタプリタの説明として、適切なものはどれか。

ア 原始プログラムを、解釈しながら実行するプログラムである。

イ 原始プログラムを、推論しながら翻訳するプログラムである。

ウ 原始プログラムを、目的プログラムに翻訳するプログラムである。

エ 実行可能なプログラムを、主記憶装置にロードするプログラムである。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:22| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月08日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問18

問18

データ検索時に使用される、理想的なハッシュ法の説明として、適切なものはどれか。

ア キーワード検索のヒット率を高めることを目的に作成した、一種の同義語・類義語リストを用いることによって、検索漏れを防ぐ技術である。

イ 蓄積されている膨大なデータを検索し、経営やマーケティングにとって必要な傾向、相関関係、パターンなどを導き出すための技術や手法である。

ウ データとそれに対する処理を組み合わせたオブジェクトに、認識や判断の機能を加え、利用者の検索要求に対して、その意図を判断する高度な検索技術である。

エ データを特定のアルゴリズムによって変換した値を格納アドレスとして用いる、高速でスケーラビリティの高いデータ検索技術である。




答えはこちら
タグ:ハッシュ法
posted by ファーストマクロ at 21:04| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月07日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問17

問17

デバイスドライバの説明として、適切なものはどれか。

ア PCに接続された周辺機器を制御するソフトウェア

イ アプリケーションプログラムをPCに導入するソフトウェア

ウ キーボードなどの操作手順を登録して、その操作を自動化するソフトウェア

エ 他のPCに入り込んで不利益をもたらすソフトウェア




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:51| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月06日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問16

問16

タスクのディスパッチの説明として、適切なものはどれか。

ア 各タスクの実行順序を決定すること

イ 実行可能なタスクに対してプロセッサの使用権を割り当てること

ウ タスクの実行に必要な情報であるコンテキストのこと

エ 一つのプロセッサで複数のタスクを同時に実行しているかのように見せかける機能のこと




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:20| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月05日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問15

問15

アプリケーションの変更をしていないにもかかわらず、サーバのデータベース応答性能が悪化してきたので、表のような想定原因と、特定するための調査項目を検討した。調査項目cとして、適切なものはどれか。

 ┌──────────────────┬────┐
 │       想定原因       │調査項目│
 ├──────────────────┼────┤
 │・同一サーバに他のシステムを共存させ│     │
 │ たことによる負荷の増加      │  a  │
 │・接続クライアント数の増加による通信│    │
 │ 量の増加             │    │
 ├──────────────────┼────┤
 │・非定型検索による膨大な処理時間を │  b  │
 │ 要するSQL文の実行       │    │
 ├──────────────────┝━━━━┥
 │・フラグメンテーションによるディスク┃  c  ┃
 │ I/Oの増加           ┃    ┃
 ├──────────────────┝━━━━┥
 │・データベースバッファの容量の不足 │  d  │
 └──────────────────┴────┘

ア 遅い処理の特定

イ 外的要因の変化の確認

ウ キャッシュメモリのヒット率の調査

エ データの格納状況の確認




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:03| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月04日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問14

問14

図のように、1台のサーバ、3台のクライアント及び2台のプリンタがLANで接続されている。このシステムはクライアントからの指示に基づいて、サーバにあるデータをプリンタに出力する。各装置の稼働率が表のとおりであるとき、このシステムの稼働率を表す計算式はどれか。ここで、クライアントは3台のうち1台でも稼働していればよく、プリンタは2台のうちどちらかが稼働していればよい。

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問14

ア ab32

イ a (1 - b3) (1 - c2)

ウ a (1 - b)3 (1 - c)2

エ a (1 - (1 - b)3) (1 - (1 - c)2)




答えはこちら
タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 08:33| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月03日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問13

問13

冗長構成におけるデュアルシステムの説明として、適切なものはどれか。

ア 2系統のシステムで並列処理をすることによって性能を上げる方式である。

イ 2系統のシステムの負荷が均等になるように、処理を分散する方式である。

ウ 現用系と待機系の2系統のシステムで構成され、現用系に障害が生じたときに、待機系が処理を受け継ぐ方式である。

エ 一つの処理を2系統のシステムで独立に行い、結果を照合する方式である。




答えはこちら
タグ:冗長構成
posted by ファーストマクロ at 06:51| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月02日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問12

問12

3Dプリンタの機能の説明として、適切なものはどれか。

ア 高温の印字ヘッドのピンを感熱紙に押し付けることによって印刷を行う。

イ コンピュータグラフィックスを建物、家具など凹凸のある立体物に投影する。

ウ 熱溶解積層方式などによって、立体物を造形する。

エ 立体物の形状を感知して、3Dデータとして出力する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:11| Comment(0) | H31春基本情報技術者

2019年08月01日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問11

問11

96dpiのディスプレイに12ポイントの文字をビットマップで表示したい。正方フォントの縦は何ドットになるか。ここで、1ポイントは1/72インチとする。

ア 8  イ 9  ウ 12  エ 16




答えはこちら
タグ:解像度
posted by ファーストマクロ at 20:15| Comment(0) | H31春基本情報技術者