2019年08月05日

平成31年度春期 基本情報技術者試験問題 問15

問15

アプリケーションの変更をしていないにもかかわらず、サーバのデータベース応答性能が悪化してきたので、表のような想定原因と、特定するための調査項目を検討した。調査項目cとして、適切なものはどれか。

 ┌──────────────────┬────┐
 │       想定原因       │調査項目│
 ├──────────────────┼────┤
 │・同一サーバに他のシステムを共存させ│     │
 │ たことによる負荷の増加      │  a  │
 │・接続クライアント数の増加による通信│    │
 │ 量の増加             │    │
 ├──────────────────┼────┤
 │・非定型検索による膨大な処理時間を │  b  │
 │ 要するSQL文の実行       │    │
 ├──────────────────┝━━━━┥
 │・フラグメンテーションによるディスク┃  c  ┃
 │ I/Oの増加           ┃    ┃
 ├──────────────────┝━━━━┥
 │・データベースバッファの容量の不足 │  d  │
 └──────────────────┴────┘

ア 遅い処理の特定

イ 外的要因の変化の確認

ウ キャッシュメモリのヒット率の調査

エ データの格納状況の確認




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:03| Comment(0) | H31春基本情報技術者