2020年08月11日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問31

問31

プライベートIPアドレスを割り当てられたPCがNAPT (IPマスカレード) 機能をもつルータを経由して、インターネット上のWebサーバにアクセスしている。WebサーバからPCへの応答パケットに含まれるヘッダ情報のうち、このルータで書き換えられるフィールドの組合せとして、適切なものはどれか。ここで、表中の〇はフィールドの情報が書き換えられることを表す。

   ┌─────┬─────┬─────┬─────┐
   │ 宛先IP │送信元IP│ 宛 先 │ 送信元 │
   │ アドレス │ アドレス │ポート番号│ポート番号│
 ┌─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │ア│  ○  │  ○  │     │     │
 ├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │イ│  ○  │     │  ○  │     │
 ├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │ウ│     │  ○  │     │  ○  │
 ├─┼─────┼─────┼─────┼─────┤
 │エ│     │     │  ○  │  ○  │
 └─┴─────┴─────┴─────┴─────┘




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:33| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月10日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問30

問30

本社と工場との間を専用線で接続してデータを伝送するシステムがある。このシステムでは2,000バイト/件の伝票データを2件ずつまとめ、それに400バイトのヘッダ情報を付加して送っている。伝票データは、1時間に平均100,000件発生している。回線速度を1Mビット/秒としたとき、回線利用率はおよそ何%か。

ア 6.1  イ 44  ウ 49  エ 53




答えはこちら
タグ:回線利用率
posted by ファーストマクロ at 09:50| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月09日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問29

問29

ビッグデータの活用例として、大量のデータから統計学的手法などを用いて新たな知識 (傾向やパターン) を見つけ出すプロセスはどれか。

ア データウェアハウス

イ データディクショナリ

ウ データマイニング

エ メタデータ




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 13:45| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月08日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問28

問28

分散データベースシステムにおいて、一連のトランザクション処理を行う複数サイトに更新処理が確定可能かどうかを問い合わせ、全てのサイトが確定可能である場合、更新処理を確定する方式はどれか。

ア 2相コミット

イ 排他制御

ウ ロールバック

エ ロールフォワード




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 06:31| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月07日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問27

問27

RDBMSが二つの表を結合する方法のうち、ソートマージ結合法に関する記述はどれか。

ア 一方の表の結合する列がインデックスに含まれている場合、もう一方の表の結合する列とインデックスの値で結合する。

イ 一方の表の結合する列の値でハッシュ表を作成し、もう一方の表の結合する列と結合する。

ウ 一方の表の結合する列の値を順に読み出し、もう一方の表の結合する列と結合する。

エ 結合する列の値で並べ替えたそれぞれの表の行を、先頭から順に結合する。




答えはこちら
タグ:RDBMS
posted by ファーストマクロ at 20:15| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月06日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問26

問26

図のデータモデルを三つの表で実装する。このとき、“A社への売上50,000円を、2017年4月4日に現金勘定に計上した” ことを記録する “移動”表の a、bの適切な組合せはどれか。ここで、モデルの表記にはUMLを用いる。

┌─────┐       ┌─────┐
│  勘定  │       │会計取引 │
├─────┤2..*  *├─────┤
│勘定コード├───┬───┤取引番号 │
│科目名  │┌──┴──┐│計上日  │
└─────┘│  移動  ││摘要   │
       ├─────┤└─────┘
       │金額   │    \
       └──┬──┘  ┌───────────┐
          △     │制約:        │
          │     │一つの会計取引に関する│
       ┌──┴──┐  │「借方」金額の合計と │
     ┌─┴─┐ ┌─┴─┐│「貸方」金額の合計は │
     │ 借方 │ │ 貸方 ││一致すること     │
     └───┘ └───┘└───────────┘

  勘定       移動
 ┌───┬───┐┌───┬───┬───┬────┐
 │ 勘定 │科目名││ 勘定 │借/貸│ 金額 │ 取引 │
 │コード│   ││コード│   │   │ 番号 │
 ┝━━━┿━━━┥┝━━━┿━━━┿━━━┿━━━━┥
 │208│売上 ││ a │ b │50,000│0122│
 ├───┼───┤├───┼───┼───┼────┤
 │510│現金 ││208│ 貸方 │50,000│0122│
 ├───┼───┤├───┼───┼───┼────┤
 │511│預金 ││510│ 貸方 │50,000│0124│
 ├───┼───┤├───┼───┼───┼────┤
 │812│旅費 ││812│ 借方 │50,000│0124│
 └───┴───┘└───┴───┴───┴────┘

  会計取引
 ┌────┬─────┬──┐
 │ 取引 │ 計上日 │摘要│
 │ 番号 │     │  │
 ┝━━━━┿━━━━━┿━━┥
 │0122│2017-04-04│A社│
 ├────┼─────┼──┤
 │0124│2017-04-04│A社│
 └────┴─────┴──┘
   ┌───┬───┐
   │ a │ b │
 ┌─┼───┼───┤
 │ア│208│ 貸方 │
 ├─┼───┼───┤
 │イ│208│ 借方 │
 ├─┼───┼───┤
 │ウ│510│ 貸方 │
 ├─┼───┼───┤
 │エ│510│ 借方 │
 └─┴───┴───┘




答えはこちら
タグ:UML
posted by ファーストマクロ at 19:31| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月05日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問25

問25

属性 a の値が決まれば属性 b の値が一意に定まることを、a → b で表す。例えば、社員番号が決まれば社員名が一意に定まるということの表現は、社員番号 → 社員名である。この表記法に基づいて、図の関係が成立している属性 a 〜 j を、関係データベース上の三つのテーブルで定義する組合せとして、適切なものはどれか。

 平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問25

ア テーブル1 (a)
 テーブル2 (b, c, d, e)
 テーブル3 (f, g, h, i, j)

イ テーブル1 (a, b, c, d, e)
 テーブル2 (b, f, g, h)
 テーブル3 (e, i, j)

ウ テーブル1 (a, b, f, g, h)
 テーブル2 (c, d)
 テーブル3 (e, i, j)

エ テーブル1 (a, c, d)
 テーブル2 (b, f, g, h)
 テーブル3 (e, i, j)




答えはこちら
タグ:関数従属
posted by ファーストマクロ at 20:05| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月04日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問24

問24

音声などのアナログデータをディジタル化するために用いられるPCMにおいて、音の信号を一定の周期でアナログ値のまま切り出す処理はどれか。

ア 逆量子化

イ 標本化

ウ 符号化

エ 量子化




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:05| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月03日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問23

問23

顧客に、A〜Zの英大文字26種類を用いた顧客コードを割り当てたい。現在の顧客総数は8,000人であって、毎年2割ずつ顧客が増えていくものとする。3年後まで全顧客にコードを割り当てられるようにするためには、顧客コードは少なくとも何桁必要か。

ア 3  イ 4  ウ 5  エ 6




答えはこちら
タグ:26進数
posted by ファーストマクロ at 19:53| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月02日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問22

問22

図に示す、1桁の2進数 x と y を加算して、z (和の1桁目) 及び c (桁上げ) を出力する半加算器において、AとBの素子の組合せとして、適切なものはどれか。

 平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問22

   ┌──────┬──────┐
   │   A   │   B   │
 ┌─┼──────┼──────┤
 │ア│排他的論理和│論理積   │
 ├─┼──────┼──────┤
 │イ│否定論理積 │否定論理和 │
 ├─┼──────┼──────┤
 │ウ│否定論理和 │排他的論理和│
 ├─┼──────┼──────┤
 │エ│論理積   │論理和   │
 └─┴──────┴──────┘




答えはこちら
タグ:半加算器
posted by ファーストマクロ at 14:50| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年08月01日

塗りつぶしの色をグラデーションにする

次のようなちょっと、格好のいい、しかしながら、ちょっと鼻につくような塗りつぶしの方法を紹介します。
塗りつぶしの色をグラデーションにする


続きはこちら
posted by ファーストマクロ at 09:45| Comment(0) | EXCEL Tips