2020年09月10日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問60

問60

システム監査の実施体制に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア 監査依頼者が監査報告に基づく改善指示を行えるように、システム監査人は監査結果を監査依頼者に報告する。

イ 業務監査の一部として情報システムの監査を行う場合には、利用部門のメンバによる監査チームを編成して行う。

ウ システム監査人が他の専門家の支援を受ける場合には、支援の範囲・方法、及び監査結果の判断は、他の専門家の責任において行う。

エ 情報システム部門における開発状況の監査を行う場合には、開発内容を熟知した情報システム部門のメンバによる監査チームを編成して行う。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:03| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月09日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問59

問59

システムに関わるドキュメントが漏えい、改ざん、不正使用されるリスクに対するコントロールを監査する際のチェックポイントはどれか。

ア システム変更に伴い、ドキュメントを遅滞なく更新していること

イ ドキュメントの機密性を確保するための対策を講じていること

ウ ドキュメントの標準化を行っていること

エ プロトタイプ型開発において、必要なドキュメントを作成していること




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:11| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月08日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問58

問58

システム監査人が、監査報告書の原案について被監査部門と意見交換を行う目的として、最も適切なものはどれか。

ア 監査依頼者に監査報告書を提出する前に、被監査部門に監査報告を行うため

イ 監査報告書に記載する改善勧告について、被監査部門の責任者の承認を受けるため

ウ 監査報告書に記載する指摘事項及び改善勧告について、事実誤認がないことを確認するため

エ 監査報告書の記載内容に関して調査が不足している事項を被監査部門に口頭で確認することによって、不足事項の追加調査に代えるため




答えはこちら
タグ:監査
posted by ファーストマクロ at 19:59| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月07日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問57

問57

ITサービスマネジメントの活動のうち、インシデント及びサービス要求管理として行うものはどれか。

ア サービスデスクに対する顧客満足度が合意したサービス目標を満たしているかどうかを評価し、改善の機会を特定するためにレビューする。

イ ディスクの空き容量がしきい値に近づいたので、対策を検討する。

ウ プログラム変更を行った場合の影響度を調査する。

エ 利用者からの障害報告を受けて、既知の誤りに該当するかどうかを照合する。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 21:16| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月06日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問56

問56

システムの開発部門と運用部門が別々に組織化されているとき、システム開発を伴う新規サービスの設計及び移行を円滑かつ効果的に進めるための方法のうち、適切なものはどれか。

ア 運用テストの完了後に、開発部門がシステム仕様と運用方法を運用部門に説明する。

イ 運用テストは、開発部門の支援を受けずに、運用部門だけで実施する。

ウ 運用部門からもシステムの運用に関わる要件の抽出に積極的に参加する。

エ 開発部門は運用テストを実施して、運用マニュアルを作成し、運用部門に引き渡す。




答えはこちら
タグ:運用テスト
posted by ファーストマクロ at 07:13| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月05日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問55

問55

サービスマネジメントシステムにおけるサービスの可用性はどれか。

ア あらかじめ合意された時点又は期間にわたって、要求された機能を実行するサービス又はサービスコンポーネントの能力

イ 計画した活動が実行され、計画した結果が達成された程度

ウ 合意したレベルでサービスを継続的に提供するために、サービスに深刻な影響を及ぼす可能性のあるリスク及び事象を管理する能力

エ サービスの要求事項を満たし、サービスの設計、移行、提供及び改善のために、サービス提供者の活動及び資源を、指揮し、管理する、一連の能力及びプロセス




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 11:08| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月04日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問54

システム開発の進捗管理などに用いられるトレンドチャートの説明はどれか。

ア 作業に関与する人と責任をマトリックス状に示したもの

イ 作業日程の計画と実績を対比できるように帯状に示したもの

ウ 作業の進捗状況と、予算の消費状況を関連付けて折れ線で示したもの

エ 作業の順序や相互関係をネットワーク状に示したもの




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:02| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月03日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問53

問53

テスト工程での品質状況を判断するためには、テスト項目消化件数と累計バグ件数との関係を分析し、評価する必要がある。品質が安定しつつあることを表しているグラフはどれか。

 平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問53





答えはこちら
タグ:テスト工程
posted by ファーストマクロ at 20:06| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月02日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問52

問52

システム開発の見積方法の一つであるファンクションポイント法の説明として、適切なものはどれか。

ア 開発規模が分かっていることを前提として、工数と工期を見積もる方法である。ビジネス分野に限らず、全分野に適用可能である。

イ 過去に経験した類似のシステムについてのデータを基にして、システムの相違点を調べ、同じ部分については過去のデータを使い、異なった部分は経験から規模と工数を見積もる方法である。

ウ システムの機能を入出力データ数やファイル数などによって定量的に計測し、複雑さとアプリケーションの特性による調整を行って、システム規模を見積もる方法である。

エ 単位作業量の基準値を決めておき、作業項目を単位作業項目まで分解し、その積算で全体の作業量を見積もる方法である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:28| Comment(0) | H29春基本情報技術者

2020年09月01日

平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問51

問51

図のアローダイアグラムで表されるプロジェクトは、完了までに最短で何日を要するか。

 平成29年度春期 基本情報技術者試験問題 問51

ア 105  イ 115  ウ 120  エ 125




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 19:55| Comment(0) | H29春基本情報技術者