2021年06月10日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問20

問20

Hadoopの説明はどれか。

ア JavaEE仕様に準拠したアプリケーションサーバ

イ LinuxやWindowsなどの様々なプラットフオーム上で動作するWebサーバ

ウ 機能の豊富さが特徴のRDBMS

エ 大規模なデータセットを分散処理するためのソフトウェアライブラリ




答えはこちら
タグ:hadoop
posted by ファーストマクロ at 22:35| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月09日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問19

問19

ページング方式の仮想記憶において、ページアクセス時に発生する事象をその回数の多い順に並べたものはどれか。ここで、A ≧ B は、Aの回数がBの回数以上、A = Bは、AとBの回数が常に同じであることを表す。

ア ページアウト ≧ ページイン ≧ ページフォールト

イ ページアウト ≧ ページフォールト ≧ ページイン

ウ ページフォールト = ページアウト ≧ ページイン

エ ページフォールト = ページイン ≧ ページアウト




答えはこちら
タグ:仮想記憶
posted by ファーストマクロ at 19:52| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月08日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問18

問18

プログラム実行時の主記憶管理に関する記述として、適切なものはどれか。

ア 主記憶の空き領域を結合して一つの連続した領域にすることを、可変区画方式という。

イ プログラムが使用しなくなったヒープ領域を回収して再度使用可能にすることを、ガーベジコレクションという。

ウ プログラムの実行中に主記憶内でモジュールの格納位置を移動させることを、動的リンキングという。

エ プログラムの実行中に必要になった時点でモジュールをロードすることを、動的再配置という。




答えはこちら
タグ:主記憶管理
posted by ファーストマクロ at 19:27| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月07日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問17

問17

リアルタイムOSにおいて、実行中のタスクがプリエンプションによって遷移する状態はどれか。

ア 休止状態

イ 実行可能状態

ウ 終了状態

エ 待ち状態




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 00:18| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月06日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問16

問16

ジョブの多重度が1で、到着順にジョブが実行されるシステムにおいて、表に示す状態のジョブA〜Cを処理するとき、ジョブCが到着してから実行が終了するまでのターンアラウンドタイムは何秒か。ここで、OSのオーバヘッドは考慮しない。

              単位 秒
 ┌───┬─────┬──────┐
 │ジョブ│ 到着時刻 │ 処理時間 │
 │   │      │(単独実行時)│
 ├───┼─────┼──────┤
 │ A │  0  │   5   │
 ├───┼─────┼──────┤
 │ B │  2  │   6   │
 ├───┼─────┼──────┤
 │ C │  3  │   3   │
 └───┴─────┴──────┘

ア 11  イ 12  ウ 13  エ 14




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 11:15| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月05日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問15

問15

密結合マルチプロセッサの性能が、1台当たりのプロセッサの性能とプロセッサ数の積に等しくならない要因として、最も適切なものはどれか。

ア 主記憶へのアクセスの競合

イ 通信回線を介したプロセッサ間通信

ウ プロセッサのディスパッチ処理

エ 割込み処理




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 08:54| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月04日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問14

問14

稼働率が x である装置を四つ組み合わせて、図のようなシステムを作ったときの稼働率を f(x) とする。区間 0 ≦ x ≦ 1 における y = f(x) の傾向を表すグラフはどれか。ここで、破線は y = x のグラフである。
       ┌───┐ ┌───┐ 
     ┌─┤ x ├─┤ x ├─┐
     │ └───┘ └───┘ │
  ───┤             ├──
     │ ┌───┐ ┌───┐ │
     └─┤ x ├─┤ x ├─┘
       └───┘ └───┘  

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問14




答えはこちら
タグ:稼働率
posted by ファーストマクロ at 19:17| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月03日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問13

問13

システムの信頼性設計に関する記述のうち、適切なものはどれか。

ア フェールセーフとは、ユーザの誤操作によってシステムが異常終了してしまうことのないように、単純なミスを発生させないようにする設計方法である。

イ フェールソフトとは、故障が発生した場合でも機能を縮退させることなく稼動を継続する概念である。

ウ フォールトアボイダンスとは、システム構成要素の個々の品質を高めて故障が発生しないようにする概念である。

エ フォールトトレラントとは、故障が生じてもシステムに重大な影響が出ないように、あらかじめ定められた安全状態にシステムを固定し、全体として安全が維持されるような設計手法である。




答えはこちら
タグ:信頼性設計
posted by ファーストマクロ at 20:13| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月02日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問12

問12

キャッシュメモリへの書込み動作には、ライトスルー方式とライトバック方式がある。それぞれの特徴のうち、適切なものはどれか。

ア ライトスルー方式では、データをキャッシュメモリだけに書き込むので、高速に書込みができる。

イ ライトスルー方式では、データをキャッシュメモリと主記憶の両方に同時に書き込むので、主記憶の内容は常に最新である。

ウ ライトバック方式では、データをキャッシュメモリと主記憶の両方に同時に書き込むので、速度が遅い。

エ ライトバック方式では、読出し時にキャッシュミスが発生してキャッシュメモリの内容が追い出されるときに、主記憶に書き戻す必要が生じることはない。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:25| Comment(0) | R03春応用情報技術者

2021年06月01日

令和3年度春期 応用情報技術者試験問題 問11

問11

グリッドコンピューティングの説明はどれか。

ア OSを実行するプロセッサ、アプリケーションソフトウェアを実行するプロセッサというように、それぞれの役割が決定されている複数のプロセッサによって処理を分散する方式である。

イ PCから大型コンピュータまで、ネットワーク上にある複数のプロセッサに処理を分散して、大規模な一つの処理を行う方式である。

ウ カーネルプロセスとユーザプロセスを区別せずに、同等な複数のプロセッサに処理を分散する方式である。

エ プロセッサ上でスレッド (プログラムの実行単位) レベルの並列化を実現し、プロセッサの利用効率を高める方式である。




答えはこちら
posted by ファーストマクロ at 20:22| Comment(0) | R03春応用情報技術者