2016年05月27日

平成27年度 技術士第二次試験問題 情報工学部門 T−4

T−4
次のうち、マイコンとメモリ、A/Dコンバータ、I/Oコントローラなど
システム内部のデバイスを接続するために用いられるシリアル通信の
インタフェースはどれか。

 @ CAN(Controller Area Network)
 A RS-232C(Recommended Standard 232 version C)
 B USB(Universal Serial Bus)
 C I2C (Inter-Integrated Circuit)
 D HDMI(High-Definition Multimedia Interface)


【正解】 C
@ 
CANは車載ネットワーク用に開発されたシリアル通信プロトコル
 である。
A 
RS-232Cはパソコンとモデムや周辺機器との接続用に広く
 使われていたシリアル通信のインタフェースである。
B 
USBはパソコンと周辺機器を接続する最も普及しているシリアル
  バス規格である。
C 正しい。
I2Cは電子回路のシリアル通信インタフェースである。
D 
HDMIはデジタル映像や音声を伝送するためのインターフェース規格
  の一つである。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 23:54| Comment(0) | H27技術士二次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: