2016年06月17日

平成27年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−24

V−24
バイオメトリック認証(生体認証)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

 @ バイオメトリック認証で認証を行うためには、認証時に採取した特徴と
   第三者機関によるデジタル証明書が必要である。
 A バイオメトリック認証では、設定した認証精度により認証に失敗することが
   あるため、認証の代替機能など認証ができないときの対応を考慮する。
 B バイオメトリック認証に用いる行動的特徴としては、指紋、顔などがある。
 C バイオメトリック認証に用いる身体的特徴としては、筆跡、声紋などがある。
 D バイオメトリック認証の静脈認証では、血管が体内にあるため偽造され
   にくいが、血管のパターンが変化するため顔認証よりも短期間での
   登録データの更新が必要となる。



【正解】 A
例えば指紋認証では、指をけがしている時などは認証に失敗することがあるので
別の指の認証をしておく。

@デジタル証明書は必要ない。
B行動的特徴としては、筆跡、声紋などがある。
C身体的特徴としては、指紋、顔、虹彩などがある。
D基本的に経年変化することがなく、登録データの更新も原則、必要ない。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 23:43| Comment(0) | H27技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: