2016年07月16日

セルに名前を付けて計算する

EXCELで例えば次のような表を作るとします。
 セルに名前を付けて計算
  【表の見方】
  B1:人件費の単価
  例えばAさんは10時間働いて、10,000円
    Bさんは20時間働いて、20,000円

C3のセルには計算式
 =B1*B2
とすれば、OKです。

しかしこれでは
C4の列にコピーした時、計算式が勝手に
 =B2*B4
となり、Bさんの支給額が正しく計算されません。

そこでC3のセルには
=$B$1*B3
と入力します。

すると、C3にコピーした時は
=$B$1*B4
となり、Bさんの支給額が正しく計算されます。

と、
ここまでは基本です。

=$B$1のように 
$マークをつけなくてもよい方法があります。



@まず、B1のセルをマウスでクリックします。
A数式バーのB1と表示されているところをマウスでクリックし、
 基本給 と入力します。(「基本」とか「時給」などでもOKです)
 セルに名前を付けて計算

BC3のセルに
 =基本給*B3
 と入力します。
CC3のセルをC4以降にコピーします。

※数式バーが表示されていなければ
 タブから「表示」を選んで、「数式バー」にチェックして下さい。
 セルに名前を付けて計算

WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP
タグ:数式バー
posted by ファーストマクロ at 08:04| Comment(0) | EXCEL Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: