2016年11月23日

平成28年度 技術士第一次試験問題 情報工学部門 V−33

V−33
2点間でTCPを用いてデータを転送する。2Gbpsの帯域をもつ通信回線において
往復の遅延が500マイクロ秒、TCPのウィンドウサイズを50kバイトとするとき、
1秒当たりのデータ転送量の上限値に最も近い値はどれか。

 @ 20Mバイト
 A 50Mバイト
 B 100Mバイト
 C 200Mバイト
 D 400Mバイト



【正解】 B
ウィンドウサイズは一度に送受信できるデータ量のことであるが、
受信側が1度に受信できるデータ量のことを指すことが多い。

2Gbpsの帯域をもつ通信回線であるから
ウィンドウサイズ50kバイトに達するまでには
50,000 × 8 / 2,000,000,000 = 0.0002秒 = 200マイクロ秒かかる。
これに往復の遅延時間500マイクロ秒が加わるため
200 + 500 = 700マイクロ秒かかる。 

700マイクロ秒で50kバイトが伝送できるということは、1秒当たりのデータ転送量は
50k÷0.0007 = 71429kバイト = 
71.4Mバイト

最も近い値はAの50Mバイトであるが、
上限値に最も近い値は
100Mバイトである。


EXCELのマクロのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 08:52| Comment(0) | H28技術士一次試験(情報工学)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: