2016年11月28日

数字の先頭に0を表示させる(関数編)

数字の先頭にあえて0をつけて、

0001
0002
0003
・・・
0010
・・・
9999


のように表示させたい場合、
せっかく “
0001”と入力したのに、
えらそうに “
” と表示されます。

今回は、“
” と入力したら “0001” と表示されるような
関数を紹介します。



@A1のセルに “

 A2のセルに “

 A3のセルに “

を 入力します。

AB1のセルに 次の式を入力します。
 
=REPT("0",4-LEN(A1))&A1
 REPT

 ※日本語で言うと、 
 「
セルA1の文字の長さが4文字に満たない場合に
  足りない文字数分だけ
を書いて、A1のセルとひっつける
  ということです。
  試しに 
=REPT("0",5) と入力すると、00000 となります。
 

BB2〜B3のセルには
 B1の式をコピーします。
 ※下図の右隅の○で囲んだところにマウスカーソルを持っていくと、
  自動的にカーソルの形が + に変わりますので、
    REPT
  変わったら、マウスの左ボタンを押したまま、ずずずっと下に
  セルB3のところまで動かし、ボタンを離します。
  
WORD・EXCEL裏技・実践技教えます。
  
〜筆者のHP

タグ:REPT
posted by ファーストマクロ at 23:11| Comment(0) | EXCEL Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: