2016年12月01日

平成28年度春期 基本情報技術者試験問題 問3

問3
UNIXにおける正規表現 [A−Z] + [0−9]* が表現する文字列の集合の
要素となるものはどれか。ここで、正規表現は次の規則に従う。

  [A−Z]は、英字1文字を表す。
  [0−9]は、数字1文字を表す。
  +は、直前の正規表現の1回以上の繰返しであることを表す。
  *は、直前の正規表現の0回以上の繰返しであることを表す。


 ア 456789
 イ ABC+99
 ウ ABC99*
 エ ABCDEF


【正解】 エ
正規表現
[A−Z] + [0−9]* を文章で書くと、
 A〜Zの文字から始まって、
 A〜Zの中の1文字が1個以上続き、その次に
 0〜9の中の1文字が0個以上続く文字列
ということになる。
ア A〜Zの文字から始まっていない。
イ +の文字は正規表現として認められていない。
ウ *の文字は正規表現として認められていない。
エ 正しい。
  他にABCDEF123 などでもOK。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ  



タグ:正規表現
posted by ファーストマクロ at 21:42| Comment(0) | H28春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: