2016年12月29日

平成28年度春期 基本情報技術者試験問題 問57

問57
ITサービスマネジメントのキャパシティ管理プロセスにおける、オンラインシステムの容量・能力の
利用の監視についての注意事項のうち、適切なものはどれか。

 ア 応答時間やCPU使用率などの複数の測定項目を定常的に監視する。
 イ オンライン時間帯に性能を測定することはサービスレベルの低下につながるので、
   測定はオフライン時間帯に行う。
 ウ キャパシティ及びパフォーマンスに関するインシデントを記録する。
 エ 性能データのうちの一定期間内の最大値だけに着目し、管理の限界を
   逸脱しているかどうかを確認する。



【正解】 ア

ア 正しい。応答時間やCPU使用率、メモリ使用率、ディスク容量、
 ネットワークトラフィックスなども監視する。
イ オフライン時間帯にもオンライン時間帯にも計測を行う。
ウ インシデントのみでなく、他の測定項目も記録する。
 誤りではないが、適切な選択肢とてしてはアに劣る。
エ 一定期間内だけでなく、また最大値だけでなく、
 短期・長期、最小値・最大値・平均値・傾向などを確認する必要がある。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 19:43| Comment(0) | H28春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: