2017年01月06日

平成28年度春期 基本情報技術者試験問題 問74

問74
ロングテールを説明したものはどれか。

 ア 一般に80:20という経験則として知られ、企業の売上の80%は全商品の
   上位20%の売れ筋商品で構成される、又は品質不良による損失額の80%は
   全不良原因の上位20%の原因に由来する。
 イ インターネットを活用したオンラインショップなどでは、販売機会が少ない商品
   でもアイテム数を幅広く取りそろえることによって、機会損失のリスクを減らす効果
   がある。
 ウ 企業が複数の事業活動を同時に営むことによって、経営資源の共有が可能
   になり、それを有効に利用することで、それぞれの事業を独立に行っているとき
   よりもコストが相対的に低下する。
 エ ネットワークに加入している者同士が相互にアクセスできる有用性を
   “ネットワークの価値”とすれば、ネットワークの価値は加入者数の2乗に
   近似的に比例する。



【正解】 イ

ア 
パレートの法則の説明であり、全体の数値の80%は、全体を構成する20%の
 要素が生み出しているという法則である。
イ 正しい。
ウ 
範囲の経済性の説明である。
エ 
メトカーフの法則の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 21:14| Comment(0) | H28春基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: