2017年01月14日

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問12

問12
クライアントサーバシステムの3層アーキテクチャを説明したものはどれか。

 ア アプリケーションに必要なGUIとAPIをプレゼンテーション層と
   ファンクション層に分離したアーキテクチャであり、データベース
   サーバを独立させている。
 イ プレゼンテーション層、ファンクション層、データ層に分離した
   アーキテクチャであり、各層のOSは異なってもよい。
 ウ プレゼンテーション層とデータ層をミドルウェア層によって
   連係したアーキテクチャであり、各層をネットワークで接続された
   コンピュータに分散する。
 エ プレゼンテーション層とファンクション層を結合し、
   データ層を分離したアーキテクチャであり、データベースサーバを
   効率的に運用できる。



【正解】 イ
クライアントサーバシステムの3層アーキテクチャは、以下の3つの層から
構成される。
プレゼンテーション層:ユーザーインターフェース(入出力)の層
ファンクション層:入力データや検索結果を加工する層
データ層:データの更新や照会を行う層

WEB技術では
プレゼンテーション層がブラウザ
ファンクション層はIISやApache
データ層がOracleなどのRDBMS
となる。

ア 2層に分けた説明となっているので、適切でない。
イ 正しい。
ウ ミドルウェア層ではなく、ファンクション層である。
エ クライアントサーバシステムの2層アーキテクチャの説明である。



posted by ファーストマクロ at 09:03| Comment(0) | H28春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。