2017年02月04日

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問34

問34
ルータを冗長化するために用いられるプロトコルはどれか。

 ア PPP
 イ RARP
 ウ SNMP
 エ VRRP


【正解】 エ

ア 
PPP (Point-to-Point Protocol) は、二台の機器を接続して送路を確立し、
 データの送受信を行うための通信プロトコルである。
イ 
RARP (Reverse address resolution protocol) は、逆アドレス解決プロトコルで
 機器のMACアドレスからIPアドレスを取得するためのプロトコルである
ウ 
SNMP (Simple Network Management Protocol) は、TCP/IP環境で
 ネットワーク上の機器情報を収集し、監視・制御するためのプロトコルである。
エ 
VRRP (Virtual Router Redundancy Protocol) は、デフォルトゲートウェイなどの
 冗長化を実現するためのプロトコル。RFC3768で標準化されている。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:VRRP
posted by ファーストマクロ at 00:00| Comment(0) | H28春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: