2017年02月14日

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問44

問44
スパムメール対策として、サブミッションポート (ポート番号587) を導入する目的はどれか。
 ア DNSサーバに登録されている公開鍵を用いて署名を検証する。
 イ DNSサーバにSPFレコードを問い合わせる。
 ウ POP before SMTPを使用して、メール送信者を認証する。
 エ SMTP-AUTHを使用して、メール送信者を認証する。



【正解】 エ

ア 署名を検証する目的でサブミッションポートを導入するわけではない。
イ 
SPF (Sender Policy Framework) レコードは、ドメインからのメールの送信を
 許可されているメールサーバーを特定するDNSレコードの一種である。
ウ 
POP before SMTPは、メール送信を行う際のユーザ認証技術であるが、
 サブミッションポートを導入する目的ではない。
エ 
サブミッションポートは、TCP 25番ポート以外でメールサーバにメール送信を
 行うための送信専用のポートである。
 一般にサブミッションポートを利用してメールを送信する場合は、
 SMTP AUTH(SMTP認証)と併せて使用する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 21:54| Comment(0) | H28春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: