2017年03月15日

平成28年度春期 応用情報技術者試験問題 問75

問75
リーダに求められる機能として、PM理論がある。P機能(Performance
function)が大きく、M機能(Maintenance function)が小さいリーダの
タイプはどれか。

 ア 業務遂行能力が不足し、メンバの気持ちにも疎いので、目標達成が
   できない。
 イ メンバの気持ちは大事にしているが、一向に目標達成に導けない。
 ウ メンバの参加を促し、目標達成に導くので、決定事項に対するメンバの
   納得度が高い。
 エ 目標達成を急ぐ余り、一部のメンバの意見を中心にまとめてしまうので、
   他のメンバから抵抗を受けることが多い。



【正解】 エ

PM理論はリーダーシップ理論のことである。
リーダーシップをP機能(目的達成機能)とM機能(集団維持機能)の
2つの能力要素からPM型、P型、M型、pm型の4つに分類している。
大文字がその特徴が大きいことを意味している。

ア pm型の説明である。
イ M型の説明である。
ウ PM型の説明である。
エ P型の説明であり、正しい。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:PM理論
posted by ファーストマクロ at 21:14| Comment(0) | H28春応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: