2017年04月22日

平成28年度秋期 応用情報技術者試験問題 問32

問32
TCP/IPネットワークにおけるARPの説明として、適切なものはどれか。
 ア IPアドレスからMACアドレスを得るプロトコルである。
 イ IPネットワークにおける誤り制御のためのプロトコルである。
 ウ ゲートウェイ間のホップ数によって経路を制御するプロトコルである。
 エ 端末に対して動的にIPアドレスを割り当てるためのプロトコルである。




【正解】 ア

ア 正しい。
イ 
TCP (Transmission Control Protocol) の説明である。
 TCPは、コネクション指向型プロトコルで、1対1双方向の信頼できる
 仮想的な伝送路を提供する。
 誤り制御以外には、フロー制御、ふくそう制御を行う。
ウ 
RIP (Routing Information Protocol) の説明である。
 RIPは、ルーターなどの機器が経路情報を交換するための
 プロトコルである。
エ 
DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:ARP
posted by ファーストマクロ at 10:39| Comment(0) | H28秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: