2017年05月28日

平成28年度秋期 応用情報技術者試験問題 問68

問68
アンゾフが提唱する成長マトリクスを説明したものはどれか。
 ア 自社の強みと弱み、市場における機会と脅威を、分類ごとに列挙して、
   事業戦略における企業の環境分析を行う。
 イ 製品と市場の視点から、事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・
   市場開拓・多角化に分けて、戦略を検討する。
 ウ 製品の市場占有率と市場成長率から、企業がそれぞれの事業に対する
   経営資源の最適配分を意思決定する。
 エ 製品の導入期・成長期・成熟期・衰退期の各段階に応じて、
   製品の改良、新品種の追加、製品廃棄などを計画する。



【正解】 イ

ア SWOT分析の説明である。
 SWOTは、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、
 脅威(Threat)の頭文字をとったものである。
イ 正しい。
ウ 
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの説明である。
エ 
PLM (Product Lifecycle Management) の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 00:30| Comment(0) | H28秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: