2017年06月22日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問12

問12
データを分散して複数の磁気ディスクに書き込むことによって、データ入出力の
高速化を図る方式はどれか。
 
 ア ストライピング
 イ スワッピング
 ウ ディスクキャッシュ
 エ ミラーリング



【正解】 ア
ア 正しい。
ストライピングは、データを分散して複数の磁気ディスクに書き込む
 ことによって、データ入出力の<BR>高速化を図る方式である。
イ 
スワッピングは、システム資源全体の利用率の向上などのために、主記憶と
 補助記憶の間でプロセスを単位として領域の内容を交換することである。
ウ 
ディスクキャッシュは、ハードディスクなどアクセス速度が遅い記憶装置に記録
 されているデータを高速なメモリに読み込み、データのやり取りを高速化する技術
 である。
エ 
ミラーリングは、同一のデータ内容を複数のHDD等に保存することである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 19:30| Comment(0) | H28秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: