2017年07月06日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問26

問26
E-R図に関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 関係データベースの表として実装することを前提に表現する。
 イ 管理の対象をエンティティ及びエンティテイ間のリレーションシップとして
   表現する。
 ウ データの生成から消滅に至るデータ操作を表現する。
 エ リレーションシップは、業務上の手順を表現する。




【正解】 イ

E-R図 (Entity Relationship Diagram) は、データベース化の対象となる
個々の事象や実体(エンティティ)と実体間の関連(リレーションシップ)、
実体の属性(アトリビュート)の構成要素をモデル化した図である。

ア 実装を前提に表現しない。
イ 正しい。
ウ DFDの説明である。
DFD (Data Flow Fiagram) は、プロセス、ファイル、
 ソース及びシンクと呼ぶノードと、データフローと呼ぶアーク (矢線) の4つの
 記号を使用してデータの流れを図式化する。
エ リレーションシップは、実体間の関連を表現するものである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:E-R図
posted by ファーストマクロ at 19:55| Comment(0) | H28秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: