2017年08月11日

平成28年度秋期 基本情報技術者試験問題 問61

問61
エンタープライズアーキテクチャ (EA) を説明したものはどれか。

 ア オブジェクト指向設計を支援する様々な手法を統一して標準化した
   ものであり、クラス図などのモデル図によってシステムの分析や設計を
   行うための技法である。
 イ 概念データモデルを、エンティティとリレーションシップで表現することに
   よって、データ構造やデータ項目間の関係を明らかにするための技法
   である。
 ウ 各業務と情報システムを、ビジネス、データ、アプリケーション、テクノロジの
   四つの体系で分析し、全体最適化の観点から見直すための技法である。
 エ 企業のビジネスプロセスを、データフロー、プロセス、ファイル、データ源泉/
   データ吸収の四つの基本要素で抽象化して表現するための技法である。



【正解】 ウ

ア 
UML (Unified Modeling Language) の説明である。
イ 
E-R図の説明である。
ウ 正しい。
エンタープライズアーキテクチャ (EA) は、大企業や大きな組織で、
別個に運用されている複数の業務システムを標準化、最適化し、導入コストや
運用コストの低減、業務運営の最適化等を目的とした手法のことで、
以下の4つの分類体系で構成されている。
 ビジネスアーキテクチャ:業務体系
 データアーキテクチャ:情報体系
 アプリケーションアーキテクチャ:処理体系
 テクノロジアーキテクチャ:技術体系
エ 
DFD (Data Flow Fiagram) の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



posted by ファーストマクロ at 19:47| Comment(0) | H28秋基本情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: