2017年12月02日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問12

問12
1台のコンピュータで複数の仮想マシン環境を実現する
ための制御機能はどれか。

 ア シストリックアレイ
 イ デスクトップグリッド
 ウ ハイパバイザ
 エ モノリシックカーネル



【正解】 ウ

ア 
シストリックアレイは、多数のプロセッサを規則的に結合した
 並列計算システムである。
systolic には
心臓の収縮という意味がある。
イ 
デスクトップグリッドは、ネットワークにつながった不特定多数の
 コンピュータの遊休時間を用いて並列計算をする技術のこと。
 
グリッドコンピューティングと考え方は似ている。
ウ 正しい。
ハイパバイザは、コンピュータを仮想化し、それらを
 制御するためのソフトウェアのこと。
 1つのホストOSと任意個のゲストOSで構成するハイパザイザを
 特に、ホスト型ハイパバイザという。
エ 
モノリシックカーネルは、カーネルにOSの多くの機能を実装
 するという設計手法のことである。
 monolithic には「
一枚岩の」という意味がある。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:仮想マシン
posted by ファーストマクロ at 14:13| Comment(0) | H29秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: