2018年01月03日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問43

問43
暗号化や認証機能を持ち、遠隔にあるコンピュータに安全に
ログインするためのプロトコルはどれか。

 ア L2TP
 イ RADIUS
 ウ SSH
 エ TLS



【正解】 エ

ア 
L2TP (Layer 2 Tunneling Protocol) は、VPNをサポートするために
 利用されるトンネリングプロトコルである。
イ 
RADIUS (Remote Authentication Dial In User Service) は、認証や
 権限付与、利用ログの記録などを行うためのプロトコルである。
 上記情報はRADIUSサーバが一元的に管理する。
ウ 正しい。 
SSH (Secure SHell) は、リモートログインやリモートファイルコピーの
 セキュリティを強化したツール及びプロトコルのことである。
エ 
TLS (Transport Layer Security)は、TCP/IPネットワークでデータを
 暗号化して送受信するためのプロトコルの一つである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:認証
posted by ファーストマクロ at 10:19| Comment(0) | H29秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: