2018年01月14日

平成29年度秋期 応用情報技術者試験問題 問54

問54
品質の定量的評価の指標のうち、ソフトウェアの保守性の
評価指標になるものはどれか。

 ア (最終成果物に含まれる誤りの件数) ÷ (最終成果物の量)
 イ (修正時間の合計) ÷ (修正件教)
 ウ (変更が必要となるソースコードの行数) ÷
     (移植するソースコードの行数)
 エ (利用者からの改良要求件数) ÷ (出荷後の経過月数)



【正解】 イ

ア バグの件数の割合であり、ソフトウェアの
信頼性の評価指標である。
イ 正しい。
保守性は、製品やシステムを修正できる有効性や
 効率性の度合いである。
ウ ソフトウェアの
移植性の評価指標である。
エ ソフトウェアの
機能性、特に合目的性の評価指標である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



タグ:保守性
posted by ファーストマクロ at 00:10| Comment(0) | H29秋応用情報技術者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: